警戒感をもっているときは、固いオーラになる。

本音を知られないようにしていたり、警戒感をもっているときのオーラは

「固い」という印象を与えます。

人との関わりとは、エネルギー同士の交流でもあります。

オーラにあらわれる固さとは、エネルギーの交流(によって、自分のことが伝わったり、相手のエネルギーに影響されること)に対する、

「構える」姿勢の、あらわれなのだと思います。

そう簡単に、相手のエネルギーの振動に同調しないとか、こちらの本当の振動も伝わらないようにと、固さという「強さ」で、本来の振動を覆うのでしょうね。

しかし、そうした固いオーラになっている状態は、実は、相手に伝わりやすいのですよね。。。本音そのものは伝えないようにできても、本音を伝えないようにしているんだなということが、伝わってしまいやすい、という。

やわらかいものより、固いほうが、実体感があるのは、

物でも、エネルギーでも同じであるようです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加