目指すものがあると、強い自分でいられる。

一輪の花を手にする少女

自分はこうなっていきたい、このような自分でいられたらいいと、この先の未来に目標となるものをしっかりとイメージできているとき、人は強くいられます。

なかなか行動ができないことがあっても、変えたいのに変えられないことがあっても、目指す場所に向かっていく意欲を持っているときは、諦めの気持ちに押し戻されることはありません。

どうせできない、行動は面倒だという諦めの気持ちより、

そうしてみたい、そうなる未来に進んでいこうという希望のほうが、

大きな比率で心を占めるとき、人は強くいられるものなのです。

コメント