家族との、前世の縁。

この人生で関わりをもつ人は、とても広い意味でいえば(たとえばお互いの名前も認識していない程度の間柄も含めるなら)ほとんどは、前世のどこかでも関わりをもっている相手であるようです。

昔の時代であっても、一度の人生において他者と関わる機会はそれなりにあるでしょうから、複数回の蓄積をふまえれば「前世で関わった人の総数」も多くなるので、こうしたつながりは不思議ではないですよね。

雲の中にいる少女と蝶。

前世が反映した今世での人間関係の、深さや度合いにはいろいろな段階があり、ほとんどの関係は「広い意味では、前世のどこかで関わっている」ケースが多いです。

中でも、とりわけ印象深さを感じさせる相手は「前世でも、深い関わりをもっていた相手」に対する、たましいの親近感からの印象であることが多いです。

そして、お互いに「前世からの課題をもちよって、学びを共有したり、解消したりする目的がある関係」は「血縁の家族」になることが多いようです。

もちろん、まったくの他人との関係の中にもそういうケースはあります。友だちや、同僚や、配偶者との関係にそれらが含まれることもあるけれど、比率として多いのは親子や兄弟などですね。

この人生で、長い時間をともに過ごす間柄として生まれてくることは、

相応の意味や目的がある、密なつながりなのでしょうね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加