近い距離の相手でも、考え方は違うもの。

外国人の方に対しては、ごく自然に「国によって価値観が違う文化があるからね」と、考え方や行動の仕方の特徴について尊重することができるのに、

周囲の他人に対しては、「人それぞれ違うものだよね」とは思えず、「どうしてそういう姿勢なのか」「なぜこのようにしないの?」とついつい思ってしまうものです。

しかし、国の文化や慣習の影響ではないというだけで、「それぞれ違いがあり、皆が一律ではない」のは、どの相手に対しても同じなんですよね。

近い距離の相手ほど客観視をすることが難しく、自分と横並びでとらえてしまうものですが、

すべての人間関係に対して、自分との違いや、相手の独自性を尊重することができたら、きっとお互いに楽になれるのでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加