バッグや財布のエネルギーが「減った」ように感じるときには。

この世のすべてのものには、固有のエネルギーがあります。

人には、その人自身をあらわすオーラがありますし、場所にも、品物にも、それ自体の性質をあらわすエネルギーがあります。

物のエネルギーは、使うことで減っていく場合があります。

たとえば、バッグ、靴、財布など、日常でよく使う物に対して「そういえば最近、この財布のエネルギーが減ってきたかなぁ」などと、ふと思うことはないでしょうか。

何か、手にさわった感覚が違うような、

財布の外見的な消耗とは別の意味で、感覚的なこととして。

それは気のせいではなく「実際にエネルギーが減ってきている」のかもしれません。物のエネルギーには、そうした変化がみられることがあります。

女性の洋服や小物

人のエネルギーと、物のエネルギーの違い。

前述のとおり、人にもオーラというエネルギーがあり、物にもそれ自体をあらわすエネルギーがあります。

両者の一番の違いは、生命力があるかどうかです。

生命力とは、回復力でもあります。

この世には「時間という変化のしくみ」があるので、すべてのものは時間とともに変化していき、同じままを保つことはできません。

人には生命力という活力があるので、使われたエネルギーは常に供給されて回復がはかられ、生命が維持されていくようになっています。

一方、物には人のような生命力がないので、時間の経過や、使用頻度などによって、それ自体のエネルギーは減っていきます。

物のエネルギーが減っていくしくみとは。

物は、自発的な動きをしないですから、自分自身の動きで消耗することはないですが(あったら怖いですね笑)、人が使うことでエネルギーが減っていきます

たとえば、財布やバッグがもつ「エネルギーとしての振動」「放つエネルギー」は、人が使うことで、その人が受けとっていくのです。

物がもつエネルギーは、回復しないので少しずつ減ります。

人は自発的な行動をするので、たくさんのエネルギーが必要です。物から受けとったエネルギーは(蓄積されずに)消費していくことになります。

この作用が日々くり返され、持ち物のエネルギーが減っていくのです。

買い替えのタイミングは。

日常でかなり頻繁に使うものでも、一年、二年くらいではほとんどかわりません。なのであまり極端には、とらえないでくださいね。

ですが、三年、五年と同じものを使い続けていると、ものによっては、元のエネルギーが減っていき「何かが違う」感覚がでてくることがあります。

そうなったら、新調することを考えてみるのもいいでしょう。

不思議とそういうとき(買い替えがふさわしいとき)には、自分にピッタリくるいい物が見つかっていくものです。

もちろん、何年も使っていても物のエネルギーがまだ十分なこともあり、使用年数だけで一概には判断できません。

エネルギーが「自分に合っているものほど、長くエネルギーが保たれていく」ので、このあたりはご自分の感覚というセンサーで判断してみてください。

自分と合うものは、力を与えてくれます。

物にも固有のエネルギーがあり、自分とエネルギーが合っているものを持つことは、「外付けパーツとして自分のエネルギーを増やしてくれる」ような効果があらわれます。

物を変えることで、自分の何もかもが丸ごとかわったりはしませんが、少しのプラスアルファを日々いただけることになり、毎日のことですから、合うものを持つことの効果は「ある」ので、ちょっと意識してみるといいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました