オーラ

オーラ

青緑のオーラの人は、好きと無関心の差が大きい。

青緑のオーラをもっている人は、「実際の自分と、違う印象を抱かれやすい」ところがあります。 そのことを自覚している方も多く、誤解されやすいとか、伝わらないという悩みをお持ちの方もいます。 青緑のオーラの人は、「付き合いが浅い相手に誤解されやすい」という傾向は、みられるよ...
0
オーラ

赤紫と青紫のオーラは、抱えるものが多くなりがち。

オーラにあらわれる、紫色の意味は、愛情や、慈しみの深さをあらわします。とても優しいので、相手に譲ったり合わせたりして「自分の負担が多くなる」ことも特徴のひとつです。 この紫の要素に、赤や青が加わった、「赤紫」「青紫」という色を持つ人も、それぞれ別の理由から、抱えるものが多く...
0
オーラ

自分のオーラを見ることは、難しいです。

オーラ透視が得意な人でも、「自分のオーラを見ることは、とても難しい」ものです。 私自身も、自分のオーラを(たとえば鏡越しなどで)詳細を把握するようなことはできません。まったく見えないことはないですが・・・、「ぼんやりと、オーラの輪郭がわかる程度」ですね。 オーラから、...
2
オーラ

明るいオーラでいられる、自分であること。

オーラというスピリチュアルなエネルギーには、その人自身があらわれます。 オーラの色で、その人の性格や個性などがわかります。 一例をあげると、赤いオーラであれば「活力が高くて行動的である」ことがわかりますし、青いオーラであれば「冷静に思考をする、慎重なタイプ」であること...
0
オーラ

人の周囲にみえる光は、残像なのか、オーラなのか。

オーラについて、「人の周辺に、その人の形とほぼ同じような光らしきものが見えるが、それはオーラを見ているのだろうか?」というご質問をいただくことがあります。 見えている「光みたいなもの」は、オーラなのか、それとも残像なのか、ということですね。 答えとしては、「おそらくは...
2
オーラ

オーラ透視者が、オーラを通して把握できることの範囲とは。

人の身体のまわりには、オーラとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがあり、オーラのようすには、その人自身があらわれています。 この、オーラというエネルギーを、通常は視覚にとらえることはできませんが、世の中のごく一部、このエネルギーが「みえる」性質を備えている人がいます。 ...
2
オーラ

オーラの質感が繊細な人は、乗り物酔いをしやすい。

オーラの質感が、細かい人と、そうでない人との差は、「キャッチする力の強弱」です。つまりは、影響の受けやすさでもあります。 網目の細かいザルと、粗いザルの、どちらが、より細かいものまで受け止めるか、というイメージで比較をするとわかりやすいです。 子どもの頃は、揺れの...
0
オーラ

手で、オーラに「さわる」「ふれる」ことができます。

人の周りや、植物の周りなどをとりまいているオーラは、手でふれることができます。 ふれるという定義は、その人の手で、何らかの体感覚を得ることができる、という意味です。どのくらいの度合いで、オーラの実体感をとらえられるかには個人差がありますが、オーラというエネルギーが「ある」と...
2
オーラ

浮き上がったオーラになってしまうとき。

人の体のまわりには、オーラというスピリチュアルなエネルギーがとりまいています。 本来であれば、体を中心として、その周囲にバランスよくエネルギーが放たれているものですが、ときどき、あるべき位置よりも浮き上がっているような、全体の重心が少し上にずれているような状態となっているこ...
0
オーラ

樹のオーラは、手のひらで感じ取ることができます。

木や花などの、植物にも、固有の生命エネルギーがあり、それらも広い意味で「オーラ」という表現がつかわれることがあります。 人の放つオーラとは、構造などもまったく違うのですけれどね。花のオーラ、樹のオーラという言い方は、私も使うことがあります。 植物のオーラは、手...
0
スポンサーリンク