守護霊

守護霊

守護霊と、憑依霊を、間違えることはまずないです。

ときどき、「霊視の際に、その人を導く守護霊と、憑依している未浄化な霊を、見間違う可能性はあるのか」という質問をいただくことがあります。 結論からいえば、まず「ない」ですね。 守護霊と,未浄化な霊は、波長がまったく違いますし、存在している次元も違うので、ここを見まちがえ...
0
守護霊

守護霊から、霊的に護られている。

自分と守護霊は、たましいの大元(グループソウル)を同じとする、深い繋がりをもっている関係になります。 この人生を経験するという学びをしている自分を、霊的な視点をもって見守り導くことが、守護霊の役割です。 守護霊は、この人生を見守り導く役割。 守護霊という言葉の中...
0
守護霊

守護霊との繋がりは、実感や体感はしにくいです。

「守護霊と繋がるためには、どうしたらいいか」というご質問をいただくことが、ときどきあります。 まずしくみから説明すると、守護霊とは、自分とかけ離れた別人格がいるのではなく、「自分とたましいの大元が同じ」であるので、繋がりは常にあります。 この人生のはじめからおわりまで...
0
守護霊

守護霊と、職業が違っていても、姿勢が似ているケースは多い。

その人自身と守護霊は、たましいの性質はとてもよく似ています。 しかし、職業までもが同じであるとは限りません。 たとえば、「会社員として頑張っている人に、宗教家の守護霊がいる」場合もありますし、逆に、「宗教家をしている人に、実業家の守護霊がいる」場合もあるだろうと思いま...
0
守護霊

守護霊に対する関心は、理解とともに変化する。

スピリチュアルな知識がついて、すべての人に守護霊という存在がいることがわかると、まず気になるのは「自分の守護霊はどんな存在(性別や職業など)か」ということです。 人の関心は、まずは、わかりやすいほうに向き、そういう要素から守護霊の人物像をつかもうとします。 次...
0
守護霊

守護霊がみているのは、もっと「大きな範囲」のところです。

スピリチュアリズムの知識がついて、すべての人に守護霊という導きの存在がいるという知識がつくと、 守護霊が、自分に「何を望んで」いるか、守護霊が示す「正解」となるのは、どのような行いなのかと、いろいろ気になるものだと思います。 最初は皆、そういうことが気になります。 ...
0
守護霊

守護霊が、増えたり代わったりするとき。

この世の人生の、はじめからおわりまでを、スピリチュアルな観点から導く「守護霊」という存在がいます。 守護霊にも、いろいろな役割の方がいます。仕事や趣味など「才能の発揮をサポートする役割」をする「指導霊」とよばれる存在は、 人生の途中で、入れ替わることがあります。または...
0
守護霊

進む道はいつも、明るい光で照らされている。

自分と守護霊は、たましいの領域で深くつながっていて、 この世で自分がなそうとしている頑張りを、霊的な観点からのサポートで、協力してくれたり、支えてくれたりします。 そういうしくみがあると、頭ではわかっていても、 自分の思いどおりにいかず、結果がついてこない状況に...
0
守護霊

どんな場面でも必ず、霊の世界から見守られている。

あなたが、あることをなそうと決意し、努力をしているときに、 周囲には、賛同者も協力者もいなくて、たったひとりで立ち向かっていかなければならない、孤独で厳しい状況に思えるとしても、 それは、この世という物質次元からみたようすであり、 霊的にみれば必ず、その動きを見...
0
守護霊

行動が、霊のエネルギーを集めることになる。

あなたが、「自分という存在をいかして、自分のため、他人のため、世の中のためになる動きをしていこう」と決意するとき、 その思いのエネルギーに重なるように、たくさんの霊のエネルギーが集まるでしょう。 霊界には、進化・向上しているたくさんの存在がいて、たくさんの叡智...
3
スポンサーリンク