守護霊

守護霊

お互いの守護霊が、交流することはあるのか。

人と人が関わることは、「オーラ同士の関わり」が生じます。言葉や態度にあらわさないことをオーラを通して伝えあったり、影響を与え合ったりしています。 では、人と人とが関わるときの、お互いの「守護霊同士の関わり」はどうなるかといえば、こちらも必要に応じて関わりはなされていくようで...
4
守護霊

自分の霊感と、守護霊の霊感は、共通している要素が多い。

こちらの記事のとおり、 その人がもつ霊感の特徴は、「生まれてくる時点で備わっている要素」です。 「グループソウル」に蓄積されているものを備えて生まれてくるので、 たとえば、「霊感が強く備わって」いて、とりわけ「天候や自然現象の変化を、事前に察知するセンス...
0
スピリチュアル全般

自分の「行い」が、人生を作っている。

自分の人生を、つくっている「構成要素」や「原料」となるものは、 自分の「行い」です。 思い、発言、行動などのすべてが、人生へと反映していくようになっています。 守護霊がつくっているという「誤解」が多い。 自分の行いから、人生がつくられているなら、 「...
0
オーラ

守護霊は、オーラに映って見えたり、頭の中に見えたり。

守護霊の姿を、霊視する場合は、「オーラ」が霊的なスクリーンとなり、そちらにお姿があらわれます。 位置としては、だいたい「頭の上」か「背後」となると思います。 そういう位置関係にあるためか、守護霊のことを「後ろにいらっしゃる方」などと表現することもよくありますけれど、守...
0
守護霊

守護霊と自分は、たましいの大元が同じ。

守護霊と自分とは、たましいの領域が同じという、とても深い繋がりがあります。 この領域を、グループソウルといいます。 私たち人間の感覚からみれば、自分が生まれる前から、エネルギーの存在として属していた「たましいの大元」ともいえる場所になります。 守護霊と自分は...
0
守護霊

守護霊がいる場所は、霊の世界です。

守護霊は、この人生の学びを、常に見守り導いてくれている、たましいの繋がりが深い存在です。 どの瞬間も、この関係性がとぎれることはないけれど、 守護霊は、この世という領域で、私たちの後ろを、ぞろぞろついてまわっているのではないです。 守護霊がいるところは、霊の世界...
0
守護霊

守護霊の、見た目の姿が、若い場合と、年配の場合と。

人は、肉体をもった霊であるので、肉体という物理的な容姿があります。 守護霊は、肉体をもっていないですから、本来は、物理的な容姿はありません。 霊能者の霊視上に見える守護霊の姿とは、「生前の、人として過ごしていたときの姿」を、便宜上あらわしているのだと思います。 ...
0
守護霊

守護霊が与えてくれるのは、霊的な視点からのサポート。

私たちには、「守護霊」とよばれる、たましいの繋がりが深い関係の霊がいて、この人生の学びが進んでいくことを、サポートしてくれています。 守護霊の役割とは、「霊的な視点からの必要な導き」なので、私たちの知りたいことや関心のあることに、何でも応えてくれるとは限らず、 与えら...
0
スピリチュアル全般

守護霊が、霊的な視点で、学びを導いてくれる。

守護霊は、私たちの人生という学びの経験を、霊的な視点から、見守り導く役割をしています。 私たちは、「スピリチュアリズムに関心をもっている」場合でも、目の前の現実を避けて通ることはできず、生活を営んでいかなければならないので、 霊的なことのほうにだけ、意識を向けてはいら...
0
守護霊

守護霊が、自分を誤解することはありません。

すべての人に、守護霊と呼ばれる存在がいて、この人生のはじめからおわりまでを見守り導いています。 自分と守護霊は、たましいの領域がとても近く、お互いが自分自身であるともいえるくらいの近い関係であるため、 距離が近い関係というのは、お互いの存在を、認識しにくいものです。 ...
0
スポンサーリンク