直感、霊感、霊能力

オーラ

オーラの把握は「感じる」という方法もある。

オーラとは、体の周りをとりまいて存在している、スピリチュアルなエネルギーです。 存在感が大きくて目立つ人や、印象が強い人に、「あの人は、オーラを持っているね」とか、「あの人は、オーラがある人だね」などの表現が使われることがあります。 実際にはオーラは誰にでもあ...
2
スピリチュアル全般

ネガティブなエネルギーのほうが、体感しやすい。

体感覚で「感じる」という把握をするときに、より感じやすいのは、「ネガティブで低いエネルギー」のほうです。 なぜなら、それらは「重い」からです。 物質にたとえるならば、「ふわっとした軽いもの」をもつよりも、「ずっしりくる重いもの」をもつほうが、体感が大きくなりま...
0
オーラ

自分のオーラを見ることは、難しいです。

オーラ透視が得意な人でも、「自分のオーラを見ることは、とても難しい」ものです。 私自身も、自分のオーラを(たとえば鏡越しなどで)詳細を把握するようなことはできません。まったく見えないことはないですが・・・、「ぼんやりと、オーラの輪郭がわかる程度」ですね。 オーラから、...
2
スピリチュアル全般

「念力」の強さは、ひたいや眉間のあたりにあらわれる。

念じる力、思う力の強さをそなえている人は、額や、眉間のオーラが、他のところよりも濃いエネルギーとなっていたり、この部分にエネルギーが集まっているようなあらわれとなります。 この部分にエネルギーが集まっている人は、「思う」という行為によって、エネルギーを外に放っていく...
0
オーラ

オーラ透視者が、オーラを通して把握できることの範囲とは。

人の身体のまわりには、オーラとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがあり、オーラのようすには、その人自身があらわれています。 この、オーラというエネルギーを、通常は視覚にとらえることはできませんが、世の中のごく一部、このエネルギーが「みえる」性質を備えている人がいます。 ...
2
スピリチュアル全般

違和感とは、必ずしも「悪いもの」に抱く感覚ではない。

相手に対して、または特定の物事や言動に対して、「違和感を覚えた」という感覚になることがありますよね。 この感覚は、「自分の認識との差異」から生じます。 しかし、自分の感性とまったく違うものは、そもそも感じることができません。自分の中に「響くもの」がなければ、何も感じな...
0
スピリチュアル全般

深くない眠りの状態では、霊の気配などを察知しやすくなります。

眠りにはいってすぐの(そんなに深くない眠りの)状態と、目が覚める直前の(こちらも同様そんなに深くない眠りの状態)は、霊的な感度が高まっているため、たとえば、霊の気配を感じたり、何かが聞こえたりすることが起こりやすい状態といえます。 といっても、その時間帯に、霊的な現象が集中...
0
スピリチュアル全般

誰かのひと言が、自分への「答え」を与えてくれる。

周囲にいる誰かが発した何気ないひと言が、ちょうど、そのとき自分が迷っていることのヒントになったり、はっとするような大きな気づきになったりすることがあるものです。 こういうことは不思議と、「なぜかその人の声のみが、際だって大きく聞こえる」などして、印象に残るようになっているよ...
0
スピリチュアル全般

歩いているときに、よいアイデアがひらめく理由。

バスや電車に乗っているとき、または、その辺を歩いているときに、ふと「いいアイデアが思いつく」ことがあるものです。 または「考えがまとまっていなかったものが、急に思考が整理されて答えが定まっていく」こともあります。 これらは、乗り物や、歩くことによる「振動」が、自分の波...
0
スピリチュアル全般

「思いのエネルギーを放つ強さ(念力の強さ)」と「思考力の高さ」との違い。

頭の中や心の中で「思う」ことも、「発言」や「行動」と同じように、エネルギーとして放たれて作用していくことは、スピリチュアルに関心をお持ちの方はご存じの知識だと思います。 そうした「思うという行為から放たれるエネルギー」が、平均より強い人がいます。「念力が強い」という言い方で...
0
スポンサーリンク