スピリチュアル全般

スピリチュアル全般

それぞれが「与えられている時間」を、何に対して注ぐか。

私が何年も楽しみによく見ていたブログ「うにの秘密基地」、かなり有名なブログですからご存じの方も多いと思います。 主役の「うに」君が、最近よく病院に通っている記事が載っていましたが、急に体調を崩して息をひきとったとのお知らせが載っていました。 私は猫好きではない...
0
スピリチュアル全般

愛がある以上、恐れも存在する。

愛には、いろんな種類があって、たとえば、移り変わりのある「恋愛感情」も含まれますが、基本的は、愛とは「本質的なもの」です。(恋愛感情は、そのうちのごく一部です)。 愛とは、たましいの根源にある要素であって、変化のある「状態」ではありません。 恐れは、この世という「比較...
0
スピリチュアル全般

悪夢が続いてしまうときには、シーツ類を変えてみてください。

深い睡眠をとることができず、浅い睡眠の連続で気持ちが休まらなくなったり、悪夢を見てしまって、眠りにつくことに恐怖感が出てしまうときには、「シーツ」「枕カバー」「パジャマ」などを取り替えてみると、波長が切り替わって解消される場合があります。 取り替えるというのは、洗い...
0
スピリチュアル全般

たましいの望む方向へ、軌道修正がなされることがある。

私たちは、それぞれに「たましい」という領域をもっていて、いろんな個性や特性を発揮したり、課題を経験して学んだりしながら、この人生を過ごしています。 この世に生まれてくるということは、「そうする必要がある」ということです。意味なく生まれてくることはありません。 たましい...
2
スピリチュアル全般

霊の憑依は、小さいものなら、日常よくある現象です。

「霊の憑依」は、怖いものに思えてしまうかもしれませんが、実は、プチなものも含めれば、「日常、誰にでも普通に起こっている現象」で、それほど気にすることでもありません。 すべての現象は、「波長の法則」という、自分と同じ要素のあるもの同士がで引きあうしくみで、霊的現象も同様です。...
0
スピリチュアル全般

前世の様子を、「夢」で見ることがある。

睡眠というのは、実は、かなりスピリチュアルな行為でもあります。 私たちのたましいは、夜寝ている間は、あちらの世界へ里帰りしている、という話は、江原さんの書籍などで、おなじみですよね。 それに、夢を見る、という行為も、私たちは、当たり前のように受けとめていますが、よくよ...
0
スピリチュアル全般

転換期に入る、少し前の時期に起こりやすいこと。

昔の友人や、知り合いに、思いがけなく出会う、向こうは気づかなくても、自分は見つけてしまう、という経験、偶然(必然?)の再会が、短期間に何度も重なることがあります。 そういう時期は、「転換期に入る、少し前」であることも多いようです。 過去の話を懐かしく楽しんだり...
0
スピリチュアル全般

家族は、それぞれ別の個性を持った、別のたましいの集まりです。

家族、血縁というとても近い関係であっても、もとは、「それぞれ別のたましい」であり、別の個性を備えていますから、気持ちが通じ合わなくなることもあれば、意見が対立して揉め事になることもあります。 その対立の度合が、深刻なものであるか、些細なものであるか、という差はあっても、どこ...
0
スピリチュアル全般

懐かしい再会が、短期間に連続して起こるのは?

昔の知り合いに、久しぶりに、しかも偶然に再会する機会が、短期間に何度も重なることがあります。そのような出来事が起こる時期は、ちょっと立ち止まって、過去から今までをじっくり考えていく時期、「転換期に入る、少し前」であることも多いようです。 昔話に花が咲き、忘れていたこ...
0
スピリチュアル全般

転換期を迎えているときには、環境を変えたい気持ちが働く。

人生には、数年おきに、「節目」のようなものがあり、状況や心境を大きく変化させて、一段高いところで、新たな学びをスタートさせていくような流れが作られているようです。 人生の節目、転換期に差し掛かっているときには、「環境を変えたく」なります。お部屋の模様替えをしたくなったり、不...
0
スポンサーリンク