仕事

人間関係、コミュニケーション

仕事上の人間関係は、プライベートの友だちとは別の学びを与えてくれる。

仕事上の人間関係は、「自分の好み」を持ち込むことができませんよね。 プライベートの友達などと違い、嫌だから付き合わないとか、関わりたくないから距離をとるというような、感情に基づいた判断をするわけにはいきません。 そこが深い学びに繋がっていくと思います。 個人...
0
スピリチュアル全般

会社の上司が、自分よりも幼く思えてしまうときには。

私たちは、肉体をもった「たましい」の存在であるというのが、スピリチュアルな解釈の基本前提となります。そうした観点からいえば、この世という場所は、たましいの経験値が多い人と、そうでない人が、混在している場所となります。 そして、生まれてから今までの年数という「肉体の年齢」と、...
0
人間関係、コミュニケーション

力関係や、上下関係による、負担になることが起こったとしても。

たとえば、労働者と使用者は、法律の上では対等とされているけれども、実際にはやはり「お金を払う側」である使用者側のほうに優位性があり、自然と上下の関係が生まれてしまうと思います。 お店とお客さんの間も、お金を払う側であるお客さんのほうに優位性がみられるケースはあるものです。 ...
0
仕事

上司よりも、自分のほうがセンスが高いというストレスがある。

気が利くタイプの方がもつ、共通の悩みのひとつに、「上司の、仕事の割り振りがおかしいとわかってしまう。適材適所になっていないことに、(気づいてしまう自分が)ストレスを感じる」というものがあります。 あの人はAの仕事、自分はBの仕事のほうが、どちらにもよいだろうに、なぜ、2人と...
0
仕事

同じ仕事を長く続ければ、惰性になり、飽きてしまうこともありうる。

「以前とくらべて仕事への情熱が薄れてしまったが、これでいいのだろうか。こんなふうに思ってしまうのはこの仕事が自分に合っていないからじゃないか。」という悩みを、仕事をスタートさせてから数年経過した方からいただくことがあります。 そう思ってしまうのは、仕事に「慣れてきた...
0
仕事

仕事の経験年数が増えることで、飽きたり、迷ったりという、いろいろがでてくる。

仕事をして、10年くらいかまたはそれ以上の経験が重なると、ちょっと「今までと何かが違ってきてしまう」ことから、停滞感がでてくることがあります。 通常は、経験が多くなるほど、技術がうまくなったり、進めていく際のポイントがわかるという優位性がでてくるイメージがありますよね。そう...
0
仕事

仕事量が多ければ、実力もその分だけ身についている。

人よりたくさんの動きができる、気が利いて行動が早い人は、たくさんの量をこなして、たくさん苦労して、・・・なぜかたくさん「怒られる」こともあるという理不尽な状況に置かれることがあります。 たとえば普通の人が、一日に10回その仕事をこなせるとします。だいたい10回くらいやれば、...
2
仕事

「お客さんから必要とされているもの」が、売れるもの。

仕事は、お客さんがお金を出して、商品なりサービスなりを買ってくれることで成立しますから、お客さんが欲しいと思うものを売り、対価を得ることで成立していきます。 自分が売りたいもの、ではなく、お客さんが買いたいもの、です。 先日、いつも行っているスポーツクラブで、フロアに...
0
仕事

好きなことを、仕事にできるか。

「好きなことを仕事にして、ハッピーに生きよう」という主張もありますし、「好きなことは、仕事として成立しにくい」という人もいますね。 実際は、「人によるし、内容による」ということではないでしょうか。 こうまとめると、身も蓋もない感じですが。。。 ただ、一般...
0
仕事

優等生だった部下が、上司になって悩むこと。

子どもの頃から新入社員の時期に至るまで、真面目な優等生として評価されてきたタイプが、年齢を重ねて部下をもったときに、「部下が付いてこない」、「部下が仕事をきちんとしないので困る」、という悩みを抱えることがあります。 自分が真面目さと優等生ぶりで評価されてきたので、部下にも同...
0
スポンサーリンク