考え方、感情、行動

合うものを選ぶか、合わないものを省くか。

「自分に合うものを選ぶことが得意」な人もいれば、「自分に合わないものを見つけて省くことが得意」な人もいます。 選択の際には、得意な方法を糸口にしましょう。 苦手な方法で取り組み、自分と状況を混乱させることは遠回りになります。 前者が得意な人は、ストレート...
0
人間関係、コミュニケーション

相手が一方的に投げつけた感情を、引き受けない。

相手が、自分に、いわれのない感情を一方的にぶつけてくることがあります。 そのような態度をとられてしまうような原因が自分にあって、反省しなければならないケースは別ですが、相手の一方的な思いや解釈の八つ当たりのような言動を、ぶつけられたときには、「相手が投げつけた、感情というゴ...
0
考え方、感情、行動

すべての経験は、何かの学びが含まれている。

ある目的をもって、頑張って行動を重ねたのに、結果がついてこないことは多々あります。想定よりも、小さい結果になったり、遅くなったり。または、思ってない方向へものごと展開し、別の結果がでることもあります。 当初の目的の達成、という点のみをとらえるならば、想定どお...
0
考え方、感情、行動

迷うのは、選ばない選択肢を手放したくないから。

たくさんの選択肢の中から、ひとつを選ぶ、という行為は、とても難しいものです。 ひとつを選ぶ、ということは、言い換えれば、それ以外を選ばない=手放す、ということなので、「候補として手の中にあったものを、手放す」という喪失感があるからです。 また、本当に、自分の選...
0
考え方、感情、行動

豊富な知識が、思考の結びつけや解釈を底上げする。

ある事柄について、思考をして答えを出す、ということは、「自分の知っている知識や経験に、その出来事を結びつけて、自分なりの答えを出していく」という、流れになっていくと思います。 思考というのは、ほとんどが、そのような「結びつけ」「関連づけ」によって行われます。 ...
0
前世

鳥と、青年と、前世の話。

先日、とあるお店に行きました。 そこは、かなりのお客さんの出入りがあるところです。入口は、まずは建物のドアがあって、風除室があって、さらに自動ドアがあって、店舗に入っていくようになっています。 一番外にある建物のドアは、開けっ放しになっていました。そのため、風除室の場...
0
考え方、感情、行動

自分を信頼するという感覚を、つかむための思考。

自分を信頼ことが、簡単にできる人と、なかなかできない人がいます。 簡単にできる人にとっては、とても自然で普通の、気の持ちようの延長のようなにスムーズですが、できない人にとっては、「どのようにすれば、それができるのか」、という思考を進めるきっかけも思い浮かばないという難題です...
0
考え方、感情、行動

自分のことだけを考え、優先する時期が、あってもいい。

他人を考慮せずに、自分のこと「だけ」を、考えて振る舞うことを、「常に」行っている人は、自己中だとか、子供っぽいワガママという評価をされて、ちょっと下にみられたり、その考え方を改めるべきだと言われることもあるかもしれません。 けれど、ある程度の範囲内であれば、人は皆、自分を中...
0
考え方、感情、行動

複雑であるほど価値が高いという、思い込みになっていないか。

大人になると、必要以上に物事を複雑に受けとめがちになります。 社会性が身について、思考力が発達して、知識が増えていくほどに、シンプルに受けとめて、シンプルに考えていくことが、出来にくくなります。 複雑に受けとめることが、自分にとっての「普通」の状態になっていき...
0
スピリチュアル全般

たましいの望む方向へ、軌道修正がなされることがある。

私たちは、それぞれに「たましい」という領域をもっていて、いろんな個性や特性を発揮したり、課題を経験して学んだりしながら、この人生を過ごしています。 この世に生まれてくるということは、「そうする必要がある」ということです。意味なく生まれてくることはありません。 たましい...
0
スポンサーリンク