霊感・直感を向上させたい場合は、知識がある人から練習方法を教わろう。

たとえば、直感的に「わかる」感覚を鋭くしたいとか、体感覚として「感じとる」感覚を伸ばしたいなど、自分のスピリチュアルなセンスを向上させたい場合には、

具体的な練習方法を、知識がある人から教えてもらうのが一番いいです。きちんとした知識をもっている人が示す方法は、とても地道で、コツをつかめるようになるまでに時間はかかることが多いけれど、遠回りに思える進み方が、実は近道なのです。

妖精が、鳥かごのカギをあける

知識がある人が示す方法は「どの部分に働きかけをして、何を達成するか」というポイントをとらえた内容になっているので、練習を重ねていくほど力がついていきます。または、どうしてうまくいかないかの理由がわかることもあります。

力を伸ばすための練習方法は、だいたいきまった「型」があります。最初のうちは、そうした型のとおりにとりくむほうがスムーズです。

どんなことも、地道な基礎練習が力をつけることになります。

部活でも、勉強でもそうですよね。

どのようにエネルギーをとらえていくかという「方法」を理解しないまま、たとえば、「これから見る数字を当てよう」とか「次に目にするのは何色かを予想しよう」的な、ただの「当てもの」を何回繰り返しても、そういう方法では力は磨かれません。

なぜなら、そうして当たったとしても、「たまたまのまぐれ」なのか「何らかの力を発揮して当てることができたのか」を判別する方法がないからです。仮に、霊感や直感を発揮することで当てられたとしても、「どうして当てることができたか」がわかっていなければ、次の機会に再現することができません。

知識がある人が示す方法の「型」にそった練習で、一度でもうまくできると、次回以降にも(そのやり方を当てはめていけるので)再現される確率がいくらかは上がりますよね。こうした積み重ねが「向上する」「わかるようになる」ということです。

コメント

  1. kumiko より:

    スピリチュアルなセンスを向上させたい気持ちがあります。
    その知識をもっている方として思い浮かぶのは、リカコさんでした(笑)
    以前の「ここだけのオーラの話」のように、会員制スクール形式で学べたら嬉しいですね。
    ちょっと個人的な希望を書いてみました。
    このブログの中にもヒントが散りばめられていると思いますので、注意深く読んでみますね。

    • リカコリカコ より:

      kumikoさま
      複数が参加する形式は、受講生同士で、回答を比較できることがとても大きな学びになりますね。自分ひとりでは意識しない範囲のことが、別の誰かの回答や質問をとおして「そういう解釈の仕方もあるのか」と気づくことができるからです。

      私自身も、かつて学んだ経験からもそう思いますし、「ここだけのオーラの話」も、参加者の皆さまは、いろいろな気づきから生活の質をあげることにつながったり、オーラが見えたという方もたくさんいましたし、オーラを見る以外のセンスが伸びて「見える」「聞こえる」機会がでてきた、という方もいらっしゃいます。
      そういう方面に関心があるのでしたら、昨年の実施していた機会に参加していただけたらよかったですね。