意欲的な姿勢になっているときほど、守護霊からのサポートも得られやすい。

守護霊からのサポートなど、スピリチュアルな要素が関連した働きかけは、迷っていたり、困っていたりする、起こってほしいときには起こらず笑、

そういうものがなくても自力で進んでやっていこうと意欲的になり、思考と行動をしっかり重ねているときほど起こりやすくなります。

こうした差がでる理由は、待ちの姿勢ばかりになっているときは、向こうからも「働きかけを起こしにくい」からです。人との関わりももたず、具体的な行動をしていない状態だど、何かを伝えてこようとしても、そのための手段が限られてしまいます。

古代中国の女性イラスト

人との関わりがたくさんあるときは、会話の機会も増えていくので、さりげない雑談の中でふと意識にとまる言葉がでてくるという形で、気づく機会をもつことができます。相手の発言の中と、自分の発言の中との両方に、守護霊が伝えたいメッセージ性のあることを含ませてくることができます。

たくさんの行動をしていれば、いろいろな場所の、いろいろなものが視界に入りますから、必要なもの目に留まるようにしたり、役立つ出来事に遭遇するように、守護霊がタイミングを調整することもできるでしょう。

意欲的な姿勢になっていくことは、この人生を経験するという「学び」としても大事なことで、その姿勢を応援されるようにサポートも増えていくしくみです。

コメント