霊から「7時に起こしてもらった」経験。

数日前の経験です。私は、これまで朝7時くらいに起床していました。ステイホームになったことでどうも生活のリズムが乱れて、だんだんと7時半になり、8時になり、8時半に・・・とずれてきたので、「元の7時起床に戻す」ことにしました。

こういうことって、スタートまでが難しいけれど、ひたすら回数を重ねて習慣化すればいいだけなので、決めた翌日からひたすら7時起床を続けました。

そうして数日が経過したある日、あまりの暑さに(>_<)5時に目が覚めました。北海道は一日の寒暖差が大きく、この時間なら外の空気はまだひんやりしているので、窓を開けてから、再び眠りにつきました。

雲の中にいる少女と蝶。

しばらくすると、窓の近くに「誰かの気配」がしました。こちらの過去記事にも書いているとおり、霊は、窓やドアから出入りすることが多いです。

私としては想定内のことなので、特に気にせずにそのまま眠りかけたところ、「7時・・・」と頭の中に伝わってきました。

反射的に「そうか7時だから起きよう」と、でも「目覚ましがなるまで寝ていよう」とも思った瞬間に、開けた窓を強い風が通ったようで、

居間に続くドアが、バタン!という大きな音とともに開きました。まるで「起きろ!」と言われているかのような、笑。一気に目が覚めて時計を見ると、まもなくアラームがなりそうな7時少し前でした。

どなたか存じませんが、、、「7時」と声をかけていただいた上に、ドアも開けていただき、私の起床へのご協力をありがとうございました(-_-;)。頼んでいませんのに、ありがとうございました(-_-;)。

霊感が強い人は、たまに「こういう経験」しませんか?ちょっとしたことを「誰か」が手伝ってくれて、でも、ありがたいような、そうでないような・・・結果としては微妙という経験が、笑。

こうした現象は、守護霊や先祖霊ではなくて、その場にいた霊の方とたまたま波長が引きあった起こっていることなのかなと思っています。たぶん。

コメント

  1. ヌゥ より:

    有りますね(笑)
    外出の少し前に転寝しかけていたら用意しておいたバッグが倒れて音を立てて目が覚め、予定通りに外出できました。
    ちょっと不調気味の頃で「善霊の助力を願います」とおまじないの様な唱えていたので、「起こして助けてくれたのかな…」と思い、計らいに可笑しくなりました。

    あと起床時間の調整に、起こしてくれようというのか、カラスがやたら鳴き掛けて来る様な、雀や鳥がいやに賑やかしい(うるさい:笑)……なども有りましたが。

    本当に霊的な助けかどうかの正誤はともかく、そうかもと思うと日々に楽しいものです(笑)

    • リカコリカコ より:

      ヌゥさま

      外出前の合図だったのでしたら、その現象はとても役立っていてよかったですよね。
      私の場合は、アラームがなる直前だったので、現象が役だっていたのかどうかが・・・なんとも微妙でした(-_-;)。