自分を否定していると、何にお金を使うかという判断も雑になる?

自分を認めて肯定することができずに、自分を否定していたり、評価を低くしたり、信じることができなかったりすると、選択の場面で判断を間違いやすくなります。自分なんてどうせこの程度でしかない、低いものが似合いだろうと(無意識に)微妙に低い選択肢をわざわざ集めてしまうからです。

女性用の洋服

このことは、お金のつかいみちにも当てはまります。自分を否定していると、何にお金を使うかという判断が雑になり、お金を使う価値あるものの優先度が混乱します。

たとえば、買い物をする場合に「欲しかったものを買うことで満たされる」とか「必要で役立つものを買って作業効率が上がった」など、人生の質が上がったなら、その買い物に(お金のつかいみちとして)価値があったといえるでしょう。

しかし、自分を否定しているときは、必要で役立つかということよりも「安く買えたら得だ」という考え方が優先しがちになります。値段の安さだけで買い物をしてしまう人の多くは、どこかに自分への否定が存在していることが多いです。

安さだけを基準にして、役立つ度合や質を判断基準にしていない場合、まあ「使えなくはないが、微妙に使いにくい」モノも多いですから、そういうモノばかりが集まっていれば、何をするにも時間が掛かったり、手間が掛かったりしてものごとがスムーズにいかなくなります。

こういうところにも、自分を否定していることの「歪み」がでてしまうことがあるのです。次に何かを買い替える機会があれば、値段だけにとらわれずに、それを手に入れることで「自分の生活の質が上がる」ものを買うようにしましょう。こういうことも、自分への否定を見つけたり、改善したりすることにつながります。

コメント