エネルギーをUPさせて、オーラの働きを強めていこう

オーラの大きさは、自分をあらわす「器」のサイズです。器いっぱいにエネルギーが満ちていると、オーラがもつ働きが強くなります。

装置を動かす燃料が豊富にある状態なので、ものごとが順調に進んだりタイミングに恵まれたりして、自分らしく充実した過ごし方ができます。

花の精

オーラの働きについて具体例をあげると、

たとえば、オーラとは「自分を映しだすエネルギーの鏡」のようなものです。オーラという器にエネルギーが満ちていれば、自分らしさをしっかり映すクリアな鏡となり、他人に自分のことが伝わりやすくなり、他人からも理解されやすくなります。

さらには、オーラは「エネルギーの送受信機」でもあります。自分のエネルギーを外へ伝えたり、外のものを受けとったりする装置になります。これらがクリアに強く働くと、スムーズに自己表現と情報収集ができるようになるでしょう。

オーラのサイズは、生まれ持ってきた要素が関連するので簡単には変えられませんが、中身のエネルギー量はそのときの状態なので、こちらはいくらでも変えられます。自分を満たすことをしたり、自分を鍛えたり、疲れを回復させたりすると、すぐにエネルギーはUPします。睡眠もとても効果的です。スピリチュアルなエネルギーをチャージする行為になるからです。

コメント