エネルギーが合うものは、似合う。

自分に「合う」エネルギーのものは、お互いのもつエネルギーが、足し算になったり、掛け算になったりして、作用を大きなものとしたり、好印象をつくりだしたりします。

その作用については、これまでの過去記事でいろいろお伝えしてきました。

自分のエネルギーに合うものを、集めていくプロセス。
すべての人に「オーラ」というエネルギーがあるように、すべての「物」にも、それ固有のエネルギーがあり、 自分のエネルギーと、よく似ているエネルギーの物を手に入れると、自分のエネルギーを少し、増やすような作用がうまれます。 たとえるなら、「自分という装置に、外付けのパーツ...
自分とエネルギーが合うものを、見つけていく楽しみ。
人も、物も、場所も、すべてのものには「固有のエネルギーが」あり、それを「波長」といったり「波動」といったりします。 自分のもつ波長と近い領域をもつ、人、物、場所との関わりは、 自分のエネルギーを増やすような作用になるので、 安心したり、活気を感じたり、自分にとっ...

上記の記事の中にも、さらに過去記事のリンクがあって、それらをご覧いただきトータルで解釈していくと、より理解が深まると思います。お時間のあるときにぜひ、ご覧になってみてください。

過去記事の中にもあるとおり、

エネルギーが合うと「似合う」という感覚が生じます

お互いのエネルギーが近いので、違和感がなく、なじむためです。

自分のエネルギーに合うものを探すときは、「似合う」かどうかという点で判断をするのが、最初はわかりやすいでしょう。

合うというあらわれには、もっといろいろバリエーションがありますが、まずは、似合う=合うという見つけ方で、これがそうだという感覚を重ねていくうちに、もっといろいろわかってくると思います。

今ちょうど、プロ野球のクライマックスシリーズが行われていて、もうしばらくすれば、FAやトレードの話題がでてくる時期となりますね。

私は野球が好きなので、こうした話題はチェックしていて、いつも思うことですが、「活躍する選手は、その球団のユニフォームが似合っている」ことが多い気がします。

移籍した選手たちの、新旧ユニフォームの似合い度をチェックしてみてください。こういう解釈をしながら見るのも、結構、面白いものですから。

コメント

  1. 明太子 より:

    こんにちは!
    カップルやコンビでも
    同様の事はあるのでしょうか?

    ある芸能人は
    派手な結婚式を挙げていましたが
    個人的に釣り合わない感じがしていました。
    案の定、すぐに別れてしまいましたが
    その後に再婚した相手とは、
    こちらから見て釣り合ってる感じがして
    今も順調そうなので
    合っている相手なのかなーと思いました。

    • リカコリカコ より:

      人と人との関係の場合も、そうした繋がりは「なくはない」でしょうが、物の場合とは、同じにはいかない複雑さがありそうです。

      エネルギーが近いもの同士は、似合うという印象を与えるのは、おそらく、物と人でも、人と人でも、どちらにも存在しますが、

      人と人との場合は、この記事のように「一方が他方の力を増やす形」になったとしても、それとは別の理由で、うまくいかないこともあると思いますし、、、

      逆に、まったく違うエネルギー同士でも、別のエネルギーという「刺激が掛け算」となって、力を生みだすこともあると思います。

      物と人の場合は、「物のエネルギーがほぼ固定」されていますから、作用の仕方はシンプルです。

      人と人との場合は、「お互いに変化の度合いが大きい存在同士」なので、こうした作用(も、もちろんあるとしても)以外にも、たくさんの要素が複雑に関連して成立することになるでしょうね。