考え方、感情、行動

人間関係、コミュニケーション

恋愛をする機会は、人として大きく成長する機会にもなる。

多くの人は日常のあらゆる場面で、普通に「自分の考え方が正しい」「自分のこれまでのやり方が、もっとも自分にあっている」という認識をもちますよね。特に理由がなければ自分を変えようとはせず「自分はこれでいい」「このままでいい」と考えます。 自分はこれでいいと思っていることは、わざ...
0
人間関係、コミュニケーション

否定を手放して、人間関係から「新しい刺激」を得ていきましょう。

自分を否定したり過小評価したりする気持ちがあると、選択の場面で失敗しやすくものごとがうまくいきません。なぜなら、ダメな自分にふさわしい(と思っている)低い選択肢を無意識で選んでしまい、一番いい選択肢をとることができないからです。 改善するには、否定を手放すことが大事なのです...
0
リーディングセッションについて

糸が絡まった状態をときほぐす。

セッションでご相談いただく内容は、初回や二回目くらいは「オーラ」「守護霊」「自分が経験したスピリチュアルな現象」「自分の霊感」などが多いです。 こうした一般的な関心を一巡すると、それ以降は、具体的に解決したいと思っている内容へとセッションのテーマは移っていきます。ご相談をい...
0
考え方、感情、行動

頑張ってもうまくいかないという気持ちが、自分を被害者にしてしまうことがあります。

自分を認めず否定する気持ちが根底にあると、ものごとがうまくいきにくいです。部分的にはうまくいってもトータルではそうでないとか、自分に負荷が掛かりすぎて長続きはしないというのが、自分を否定している人にありがちなパターンです。 ここで「自分を否定していたり」「過小評価していたり...
4
カルマの法則・波長の法則

自分を否定する気持ちを手放すと、エネルギーが回りだす。

自分を否定したり、過小評価したりする気持ちがあると、自分にとって一番の選択を選べずに、微妙に低い選択を無意識に「してしまう」ことで人生が停滞しやすくなることは、ここまでいくつかの記事でお伝えしてきました。 解消方法は、無理に表面だけ肯定してもうまくいかないので「自分...
0
考え方、感情、行動

低く扱われる状況を変えるには、まずは自分の過小評価に気づくこと。

自分らしい人生を送っていくためには、ものごとを肯定的にとらえて前向きに過ごしていくのが理想的です。ですがなかなかそのようにふるまうことができませんよね。多くの人は、根底に「自分を否定している」か「自分を過小評価」している気持ちがあり、そこを解消しないうちは肯定的になれないものなの...
4
考え方、感情、行動

この人生という時間をつかって、自分はどうしたいのか。

人は成長していくにつれて、自分はどうしてもこうしたい!自分、自分!という個人的な欲は薄れていくことが多いです。しかし、そうしたいい意味での「執着のなさ」と、自分らしさを発揮せずに受け身になりすぎるのは、種類が違う別のことです。 執着がない状態で、ものごとを俯瞰してみ...
0
カルマの法則・波長の法則

カルマの解消をサポートしてくれる、肯定的な人との出会い。

自分を否定していたり、過小評価していたりすると、判断の場面で自分に一番の選択肢をとることができず、微妙に低い選択肢を「無意識に」とってしまい「人生がうまくいきにくく」なります。 この自分への「否定」「過小評価」という認識はどうして存在しているかというと、前世や今世の経験を通...
0
考え方、感情、行動

思考力が高い人は、脳内反省会をやりすぎることに注意!

真面目な人は、過去に対しても「もっとこうすればよかった」「こうしたほうがうまくいったのに」という後悔から、脳内反省会がいつまでもおわらず、なかなか切り替えができないことが多いです。 スピリチュアルに関心がある人は、思考力が高い人が多くて(どちらも頭のまわりのオーラの量が関連...
5
考え方、感情、行動

豊かな人生をクリエイトするために、否定を手放していこう!

自分を否定していると、人生がうまくいかなくなるのは「判断の場面で選択を間違いやすいから」です。無意識で「ダメな自分にふさわしい、質が低い選択をしてしまう」ことで、うまくいかない要素を周囲に集めてしまうからです。 こうした状態を変えるには、自分を否定していることに気づいて「ま...
4
スポンサーリンク