人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

子どもの気持ちに寄り添っていくには。

子どもの考えていることがわからなくて、どのように接したらよいか困っている、悩んでいるという親御さんからのご相談は多いです。 すべてのケースに言えるのは、「大人の感覚を当てはめて考える」と、問題を難しくしてしまいますので、「子どもの感覚で、なるべく考える」ように努力をしてみる...
0
人間関係、コミュニケーション

人間関係は、スムーズにいかなくても普通と受けとめていく。

私たちが過ごしている「この世」という場所は、たましいを磨くための学びの場所ですので、何かとうまくいかないことや、思い通りにならないことが発生していきます。面白おかしく過ごすため・・・ではなく、「学ぶため」なので、それも当然なのかもしれません。 特に難しいのは、人間関係ですよ...
0
人間関係、コミュニケーション

男性が気が利かないと悩む、とても気が利く女性。

とても気が利いて頭の回転が速いタイプの女性で、「パートナーの男性が、まったく気が利かない」と、イライラしてしまう方は少なくないと思います。 不思議なもので、男性女性のカップルというのは、凸凹のように、逆の性質をもった組み合わせになっていることも多いため、気が利く人ほど相手と...
0
人間関係、コミュニケーション

恋愛のための人間関係の前に、女性同士の輪に入ってみる練習を。

恋愛や結婚をしたい気持ちはあるけれども、なかなか思うとおりにならないとか、相手が見つからないというご相談をいただきます。 そういうケースの少なくない方が、「自分から、向かっていくとか、近づいていく行動そのものが苦手」であるようです。 自分から相手に近づいていくとか、ア...
0
人間関係、コミュニケーション

「自分話」のしすぎは、「自慢話」に思われる。

自慢話がなぜ嫌われるか。それは、話の内容が羨ましいからではありません。「自分のことばかり話すという行為」が、ワガママな押しつけに思えるからです。 自慢話と認識されてしまう内容は、そのほとんどが「自分話」です。ただ、自分の話をしているだけで、経験や持ち物をひけらかしているケー...
0
人間関係、コミュニケーション

聞き役になるばかりでは、依存してくる人が集まってしまう。

いつも知り合いから依存されてしまう、しつこくつきまとわれたり、一方的に期待されたりしてしまう、こちらが望んでいない人間関係を要求してくるような相手がなぜか周囲に集まってくる、という悩みを持つ人には、以下のような特徴があります。 そういう人は、相手の話に耳を傾けるのが「いいこ...
0
人間関係、コミュニケーション

下の子に、上の子が意地悪をするときには。

下の子が生まれることで、上の子が、今まで自分に向いていた関心や愛情を横取りされてしまったように感じて、不機嫌になって手がつけられなくなったり、下の子に意地悪をしたりすることがあったら、 「その子が、赤ちゃんだった頃の思い出話」をしてみると効果があるかもしれません。 あ...
0
人間関係、コミュニケーション

疎遠になれない友だちや知り合いとは、ほどよい距離をもつ。

人間関係が作られる理由はいろいろあって、気が合うとか好きとかの感情以外で結びつく「友だち」がいたりするものです。 仕事のような、どうしても付き合う必要があるわけではない、友だち付き合いを積極的にしたいほどの好感をもっているわけでもない、しかし、お互いに「一応は、友だちである...
0
人間関係、コミュニケーション

自分の得意なことを、他人との関わりが気づかせてくれる。

自分にとって得意なことは「ふつう」に思えるものです。そして、自分が苦手なことがうまくできる他人を「すごい」と思うものです。 得意なことほど、自分にとって自然なことなので、このくらい誰でもふつうにできるものだ、とか、そんなに価値はない当たり前のことだと思いがちです。 し...
0
人間関係、コミュニケーション

人付き合いを避けることを、正当化する言い訳。

ときどき、人との関わりから距離をとっていることについて、「自分は、深い意味があって、人間関係を避ける学びを今回の人生で選んでいるはずだ」と、主張される方がいます。 だから逃避しているのではない。自分でそれを選んでいるのだ、と。 学びは人の数だけありますから、ときにはそ...
0
スポンサーリンク