直感、霊感、霊能力

スピリチュアル全般

スピリチュアリズムでの先祖霊リーディングは、根拠を示すのが一般的です。

イギリスのスピリチュアリズムとは、元々は、霊が存在しているか否かを論じたり証明しようとした動きからはじまり、その内容がのちに体系化されたものなので、 スピリチュアリズムに基づいたリーディングで、先祖や知人の霊との交信をするときは、ご相談者さまが、その霊からのメッセージだとわ...
0
オーラ

オーラ透視ができる人でも、自分のオーラを見ることは難しいです。

オーラをみるセンスが高い人でも、他人のオーラを見るようには、自分自身のオーラを見ることはできません。自分と他人の間には距離があるから見えるのであり、自分と自分との間には距離がないので客観視ができません。 ときどき、オーラがみえるようになりたい目的は「オーラ視から自分のコンデ...
0
直感、霊感、霊能力

霊感・直感を向上させたい場合は、知識がある人から練習方法を教わろう。

たとえば、直感的に「わかる」感覚を鋭くしたいとか、体感覚として「感じとる」感覚を伸ばしたいなど、自分のスピリチュアルなセンスを向上させたい場合には、 具体的な練習方法を、知識がある人から教えてもらうのが一番いいです。きちんとした知識をもっている人が示す方法は、とても地道で、...
2
オーラ

オーラの上にある「ひらめき」を、下げてくるための「作業」を。

こうしたらうまくいくきそうだ、この方法は使えそうだという、いいアイデアがたくさんひらめくときは、オーラの上のほうがとても明るく輝いています。 ひらめきが「降ってくる」「降りてくる」という表現がつかわれるのは、エネルギーの動きをそのままあらわしていて、上でキャッチしたものが、...
0
直感、霊感、霊能力

霊感が強い人は、昼型リズムをキープしていこう!

霊感が強い人は、ともすれば「生活のリズムが夜型になりがち」です。夜中は「霊的な感度が冴える時間帯」でもあるので、霊的なことを考えたり、活動したりしようとするほど、生活が夜型に傾いていって定着しやすいものなのです。 霊感が強いと自覚がある人は、なるべく睡眠のサイクルを崩さない...
2
直感、霊感、霊能力

エネルギーに敏感な人は、気が散りやすい。

すべてのものには、「波長」「波動」などとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがあり、生活上のさまざまな動きの中で、お互いのエネルギーをやりとりしています。 そのことをふまえれば、この世は、エネルギーの海のようなもので、私たちは、その中で過ごしていることになります。 ど...
0
スピリチュアル全般

声も、その人自身をあらわすエネルギーです。

オーラのようすには「その人自身があらわれている」ので、オーラにあらわれる動きや変化などから、その人の性質や特徴を読みとることができます。 その人をあらわすエネルギーは、オーラだけはありません。「声も、その人自身をあらわすエネルギー」なので、声の波長から、性質や状態などをとら...
0
オーラ

手からエネルギーを伝える力が強い人は、「作る」「育てる」ことが上手です。

手のまわりにはたくさんのオーラが集まっていて、手のオーラからエネルギーを伝えていくことができます。 よく使う部分にオーラが集まるしくみがあるので、すべての人の手にはオーラが集まっていますが、とりわけたくさんのオーラが集まっている人が一定数いて、そういう人は、手でふれることか...
0
直感、霊感、霊能力

霊感が強い人は「顔がかわりやすい」?

過去記事の「霊感が強い人とは、何がどう強いのか」に記載のとおり、霊感の強さとは、霊的なエネルギーに「反応できる幅広さ」と「同調する度合の強さ」のことです。 前者は「さまざまな形のスピリチュアルなセンスの発揮」になり、後者は、いわゆる「憑依体質」「霊媒体質」的なあらわれになり...
5
オーラ

オーラが整うと、スピリチュアルなセンスも磨かれる。

スピリチュアルなセンスを発揮するための「装置」となるのは、エネルギーの送受信器である「オーラ」です。 オーラのようすは自分自身の反映なので、自分が成長していくことで、オーラのようすも整っていきますから、スピリチュアルなセンスの発揮も、より度合いが大きくなったり、あらわれが洗...
0
スポンサーリンク