仕事

仕事を続けるか、辞めるか、という二択では決められない。

現在のお仕事を、今後も続けるかどうか、迷っている際に、その「考え方」「選択肢の内容」が、迷いを深くしている場合があります。 「今の仕事を、続けるか、それとも、辞めるか」という二択では、考えても、答えが出しにくいのです。 別の例で考えてみます。昼食のお弁当を、お...
0
スピリチュアル全般

転換期に入る、少し前の時期に起こりやすいこと。

昔の友人や、知り合いに、思いがけなく出会う、向こうは気づかなくても、自分は見つけてしまう、という経験、偶然(必然?)の再会が、短期間に何度も重なることがあります。 そういう時期は、「転換期に入る、少し前」であることも多いようです。 過去の話を懐かしく楽しんだり...
0
仕事

自分に合わない仕事を、していると思うときの考え方。

企業に雇われて働く場合は、雇い主や上司、人事担当者が、どんな業務を担当するかを決めることが多いと思います。 自分の資質や個性に合っている業務を任されるのが、一番、やりやすく、成果もあげることができるとは思うけれども、そのマッチングは、自分の思い通りにはならず、雇う側の意向に...
0
考え方、感情、行動

大人になるほど、達成の可能性が限定される、という思い込み。

大人になって年齢が上がってくると、慎重さが出てきて、現実を知っている分、夢をみることもできにくくなり・・・、可能性が限定されてくると、思っている方が少なくないようです。 確かに、現実を考慮しない夢は、抱きにくくはなるでしょう。 けれど、そのことと、何かを成し遂げる可能性の広...
0
人間関係、コミュニケーション

女性は、好きな相手のことを、おしゃべりするのが楽しいけれど・・・。

女性はおしゃべりが大好きなので、女性の友人同士で、好きな人や、お付き合いしているパートナーについて、彼がああいった、彼がこういったと、気軽に会話することがあると思います。 男性は「目的があってそのために会話をする」ものですが、女性は「特定の目的はなく、結論を出したいわけでも...
0
オーラ

緊張しているときのオーラは、寒色系の青い色。

このブログで取り上げている「オーラの色」についての説明は、大部分が、その人の本質的な性質、移り変わりの少ない部分のオーラについてです。 しかし、オーラというのは、とても複雑なものですから、オーラの色というのは、本質だけを表すのではありません。それ以外にも、あらゆる要素が現れ...
0
考え方、感情、行動

選択の場面では、何かしらの苦しさはつきもの。

人生の中で、どちらがいいか選べない、考えるほどにわからなくなる、という場面にしばしば遭遇するものです。 その中には、選択肢のうちのどちらを選んでも、何かしらの苦しさがあり、楽な選択肢がないから、というケースは多いと思います。 苦しみのない選択肢が仮にあるなら、すんなり...
0
人間関係、コミュニケーション

そんな気はないのに、悪口や批判を言っているかのように誤解されるとき。

自分ではまったくそんなつもりはないのに、言い方がきついとか、悪口や批判を言っているように、受け取られてしまい、人間関係がうまくいかないことがあります。 そのような状況になるのは、その発言をしたら相手がどう思うか、ということを、あまり考えずに何でも口にしてしまう、子供っぽい感...
0
守護霊

守護霊は、すべてを知っていて、すべてを見守っています。

守護霊とは、広い意味でいえば、自分自身であると言い換えることができます。たましいの親和性のある存在がこの役割を担うものだからです。 自分とまったく切り離された別人格を持つ、かけ離れた存在がいるとイメージしがちですが、実際には、とても繋がりが深い、自分自身と言い換えることもで...
0
守護霊

守護霊の見た目年齢が、とても若いこともありうる。

私たちには、たましいの導き役である守護霊がいて、私たちをいつも見守っています。 守護霊は、進化・向上しているスピリットが担うものですので、「導く」とか「見守る」といかいうと、イメージとして、博識な老人の姿などを思い浮かべてしまうものかもしれません。 けれど、霊は人間で...
0
スポンサーリンク