人間関係、コミュニケーション

下の子に、上の子が意地悪をするときには。

下の子が生まれることで、上の子が、今まで自分に向いていた関心や愛情を横取りされてしまったように感じて、不機嫌になって手がつけられなくなったり、下の子に意地悪をしたりすることがあったら、 「その子が、赤ちゃんだった頃の思い出話」をしてみると効果があるかもしれません。 あ...
0
人間関係、コミュニケーション

疎遠になれない友だちや知り合いとは、ほどよい距離をもつ。

人間関係が作られる理由はいろいろあって、気が合うとか好きとかの感情以外で結びつく「友だち」がいたりするものです。 仕事のような、どうしても付き合う必要があるわけではない、友だち付き合いを積極的にしたいほどの好感をもっているわけでもない、しかし、お互いに「一応は、友だちである...
0
人間関係、コミュニケーション

自分の得意なことを、他人との関わりが気づかせてくれる。

自分にとって得意なことは「ふつう」に思えるものです。そして、自分が苦手なことがうまくできる他人を「すごい」と思うものです。 得意なことほど、自分にとって自然なことなので、このくらい誰でもふつうにできるものだ、とか、そんなに価値はない当たり前のことだと思いがちです。 し...
0
考え方、感情、行動

10年先を考えるには、「仕事」を基準にするとわかりやすい。

ある程度の先を見据えて、人生の動きを考えていくことは自分を助けることになります。 しかし、5年先、10年先を意識した計画性を、どのように考えたらよいのかよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。 そういう場合は「仕事を基準に考える」ことをしてみてください。 ...
0
人間関係、コミュニケーション

人付き合いを避けることを、正当化する言い訳。

ときどき、人との関わりから距離をとっていることについて、「自分は、深い意味があって、人間関係を避ける学びを今回の人生で選んでいるはずだ」と、主張される方がいます。 だから逃避しているのではない。自分でそれを選んでいるのだ、と。 学びは人の数だけありますから、ときにはそ...
0
人間関係、コミュニケーション

気を利かせるためには、ほんの少しの先取りでいい。

人づきあいを円滑にするためには、相手に対して「気配りをする、気を利かせた言動をとる」ことは大事です。 けれど、それもちょうどよい適度が大事であり、頑張り過ぎても空回りになったり、相手からすると、自身の否定や攻撃のように受け取られたりすることがあるので注意しましょう。 ...
0
考え方、感情、行動

思考と行動は、事実をベースにするとシンプルになる。

毎日の生活におわれて、無頓着になりがちですが「時間は有限」なんですよね。 優先順位をしっかり考え、必要なことに時間と労力を掛けていく意識をもつことは大事です。それを意識するのとしないのとでは、大きな違いがあります。 現代人の慌ただしい毎日の中で、「やりたいこと...
0
考え方、感情、行動

合うものを選ぶか、合わないものを省くか。

「自分に合うものを選ぶことが得意」な人もいれば、「自分に合わないものを見つけて省くことが得意」な人もいます。 選択の際には、得意な方法を糸口にしましょう。 苦手な方法で取り組み、自分と状況を混乱させることは遠回りになります。 前者が得意な人は、ストレート...
0
人間関係、コミュニケーション

相手が一方的に投げつけた感情を、引き受けない。

相手が、自分に、いわれのない感情を一方的にぶつけてくることがあります。 そのような態度をとられてしまうような原因が自分にあって、反省しなければならないケースは別ですが、相手の一方的な思いや解釈の八つ当たりのような言動を、ぶつけられたときには、「相手が投げつけた、感情というゴ...
0
考え方、感情、行動

すべての経験は、何かの学びが含まれている。

ある目的をもって、頑張って行動を重ねたのに、結果がついてこないことは多々あります。想定よりも、小さい結果になったり、遅くなったり。または、思ってない方向へものごと展開し、別の結果がでることもあります。 当初の目的の達成、という点のみをとらえるならば、想定どお...
0
スポンサーリンク