オーラの「明るさ」は、自分しだいで変えられます。

オーラの「色」が、何色であるかに優劣はありません。その人がもつ性質が、色の差にあらわれているだけなので、性質同士を比較することはできないからです。

しかし、オーラの「明るさ」には優劣はあり、明るいほうが望ましいです。

頭の上にでるオーラの色は、備わっている本質をあらわすもので、こちらは、それほど大きく変化することはありません。

たとえば、楽観的な人が、いきなり悲観的な人に変わってしまう、などということがないように、この部分にあらわれる色も、変化の度合いは大きくはないです。

一方、オーラの明るさとは「そのときの状態」のあらわれです。

体調や気分が、上がったり下がったりするように、オーラの明るさも、上がったり下がったりします。状態は固定されていないからです。

こちらは、比較的簡単に変化していきます

日々の生活の中では、実にさまざまな出来事が起こるものです。気持ちが揺り動かされることもありますし、体調に負担が掛かって疲れることもありますし、悩まされることも、考えさせられることもいろいろあるけれど、

その中で、自分のやるべきことを重ねて、自主性をもって過ごしていくとか、目的をもって前に進んでいこうとしていれば、そのようすはオーラに反映していき、明るく輝いていくようになります。

広い意味で、自分を成長させていく姿勢でいれば、そららの行いが反映して明るさをつくっていくのです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント