守護霊

守護霊

守護霊は、大きな視野からの導きを与えてくれます。

スピリチュアリズムでは、「人という存在は、肉体をもった霊である」というふうにとらえていきます。 つまり、私たちは、人であり、霊でもあるわけです。 すべての人に、守護霊という、たましいの導き役の霊がいることは、スピリチュアリズムに関心がある方には、よくしられていることで...
0
守護霊

守護霊は、大局的な視点で、学びを見守っている存在です。

すべての人は、たましいの繋がりをもつ、導き役の霊がついています。守護霊といったり、指導霊といったりしますね。 守護霊という言葉には、「守」「護」と、まもる漢字が重ねて使われていることから、自分を災難や苦難からまもってくれて、大変さを遠ざけて、幸せをあたえてくれる存在・・・の...
0
守護霊

自分の生きる姿勢を、見守り続けてくれる存在がいる。

スピリチュアリズムに関心がある人のほとんどは、すべての人に、守護霊という見守り役のスピリットがいることを、知識として知っていると思います。 それでも、普段の生活においては、守護霊の姿を見ることもなく、その働きかけを認識することもなく、意識の大部分を目の前の現実へと向けて、過...
0
守護霊

守護霊の「総数」は、把握はできない。

「自分の守護霊は、全体で何人くらいいるものか」という質問を、いただくことがときどきあります。ですが、この質問には、明確な答えがありません。 そのセッションの中で、霊能者の霊視スクリーンに何人の姿が見えるか、ということなら答えられますが、それは守護霊の総数ではなくて「...
0
守護霊

守護霊からの助言的な伝達は、必要なことのみ得られるもの。

私たちには皆、守護霊という、この世での経験を見守り導く霊的な存在がついています。 けれど、守護霊の役割とは、指導することですので、聞きたいことにすべて答えてくれることはまずないです。 必要に応じて、導きを与えてはくれますが、基本は、私たちの自主性が尊重されます...
0
守護霊

守護霊の容姿と、ご本人の容姿が、似ているケースもあります。

守護霊という、私たちを導いてくれる役割のスピリットがいます。守護霊は、(血縁の関係である)先祖霊とは別ですので、日本人のスピリットとは限らず、外国人のスピリットである場合もよくあります。 外国人であれば、顔立ち、目や髪の色も違いますし、体格も違います。性別が違っていればなお...
0
スピリチュアル全般

守護霊や先祖霊がいる場所は、常に「向こうの世界」です。

自分と「たましいの繋がり」がある守護霊という存在や、自分と「今世での血縁の繋がり」がある先祖霊は、広い意味で、自分のことを見守ってくれています。 こちらの世界からは、向こうの世界のことはわかりませんが、向こうからはこちらの世界のことがとてもよくわかるようです。向こうの世界は...
0
スピリチュアル全般

守護霊が伝えてくることと、先祖霊が伝えてくること。

スピリチュアルなセッションで、「守護霊という存在が、ご相談者さんにメッセージを伝えてくるケース」もあれば、「他界されたおじいさんやおばあさんなどの、先祖霊という存在がメッセージを伝えてくるケース」もあります。 私の経験から統計的に言えることは、守護霊と先祖霊は、伝えてくるメ...
0
守護霊

守護霊が、日本人ではない場合もたくさんあります。

人は、何度も生まれ変わってたましいの学びを続けていて、その学びを、たましいの繋がりをもつ高位の霊=守護霊という存在が導いています。 先祖霊は血縁という繋がりなので、自分が日本人であれば(多くのケースで)先祖霊も日本人ですよね。 守護霊は、たましいの繋がりなので、たまし...
0
守護霊

守護霊が、少年や少女というような若い見た目の場合もあります。

すべての人には、この世の学びを導く役割をする霊が存在していて、向こうの世界からこちらを見守っています。 そうした役割をする方といえば、進化・向上している存在ですから、その霊の姿をイメージするとしたら、博識で経験豊かな「年齢の高い大人の姿」を、自然と思い浮かべてしまうものでは...
0
スポンサーリンク