人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

会話もエネルギーのやりとり。

人と会話をすると、とても気分がすっきりすることがあります。 抱えていた悩みや迷いが解決したわけではなくても、何か有益な助言が得られたりしなくても、ただそれだけで気分が変わることがあるのは、 話すという行為は、エネルギーを外へ向けて放つことになるからです。 ...
0
人間関係、コミュニケーション

人間関係をみれば、自分の成長がわかる。

他人のことは、距離があるので客観視がしやすいですが、自分のことは距離がないので、他人のことを把握するようにはいかないものです。 最近の自分は、以前よりもかなり変化してきて、成長したような気がする・・・と思っていても、裏付ける要素を自分の中にみつけるのは難しいですね。 ...
0
スピリチュアル全般

言葉というエネルギーを、扱う。

言葉には、それぞれ「あらわす意味」がありますよね。 別の表現をすると、それが「言葉のエネルギ-」とも言えるでしょう。 私たちが、日常の生活の中で、言葉を書いたり、伝えたり、話したりする「行い」は、呼吸や瞬きと同じくらいに、ごく自然になされる動作ですが、 ...
0
人間関係、コミュニケーション

相手の怒りは、実は「甘え」なのかもしれない。

「甘えることが上手」な人は、こうなったらいい、こうしてほしいという意向があるとき、相手にお願いをしたり、頼ったりして、その状況にもっていくことができます。 「自分を弱くみせることが上手」であり、言い換えると「自分を弱くみせることに抵抗感がない」のでしょうね。 こういう...
2
スピリチュアル全般

家族とは、学びのために「別のたましいが集まっている」関係です。

この世では、家系の繋がりという関係が、もっとも近くて、基本となる人間関係になります。 ですが、スピリチュアルな観点から解釈すれば、家族といえども「それぞれ別のたましい」であり、「学びのために集まっている」関係であるので、 気があうとは限らず、まったく考え方が違ったり、...
0
前世

お互いに、前世のどこかで会っている。

今回の人生で、関わりをもつ人たちは、広い意味でいえば「これまでの前世のどこかでも、関わったことがあるたましい」という可能性が高いです。 友だちのAさんも、Bさんも、上司のCさんも、前世のどこかで、何かの形で、関わりをもっていた間柄かもしれません。 親しい関係だ...
0
スピリチュアル全般

たましいの年齢がいろいろな人が、学び合っている。

この世での物質的な、肉体上の年齢とは別の、 たましいの年齢というものがあって、 これまでに何度も生まれ変わって、以前にもたくさんの人生の経験をもっていてその経験値が、グループソウルという「たましいの大元」に備わっている人は、 ものごとのとらえ方、認識や解釈の仕方...
0
スピリチュアル全般

他人の、「ネガティブな思い」がわかってしまうのは。

人の関わりとは、オーラ同士の関わりで、お互いのエネルギーが行き交うことになります。 エネルギーをとらえることに敏感な人は、相手が具体的なそぶりをみせなくても、言葉に出さなくても、 「今、私に、面倒だなーと思っただろうな」とか、「早くこの話題を切りあげたいと思っているん...
4
人間関係、コミュニケーション

人間関係は、「違い」を経験する学びの機会。

人間関係の大変さは、この世で経験する「学び」のひとつです。 学びですから、楽しさばかりは得られず イライラさせられたり、がっかりさせらたり、喜怒哀楽のすべての感情を経験させられることとなり、大変さのほうがずっと多いかもしれません。 ですから、「人間関係は...
0
スピリチュアル全般

人気者になるための、強さ。

最近の記事でよくとりあげていることですが、 相手に対する「思いのエネルギ-」は、動きの方向性をもち、その一部分が、相手のところへ届きます。 たくさんの人から、関心を向けられたり、好意的に思われたりするなら、それだけたくさんのエネルギーが、自分のところへ集まって...
4
スポンサーリンク