スピリチュアル全般

スピリチュアル全般

前世の様子を、「夢」で見ることがある。

睡眠というのは、実は、かなりスピリチュアルな行為でもあります。 私たちのたましいは、夜寝ている間は、あちらの世界へ里帰りしている、という話は、江原さんの書籍などで、おなじみですよね。 それに、夢を見る、という行為も、私たちは、当たり前のように受けとめていますが、よくよ...
0
スピリチュアル全般

転換期に入る、少し前の時期に起こりやすいこと。

昔の友人や、知り合いに、思いがけなく出会う、向こうは気づかなくても、自分は見つけてしまう、という経験、偶然(必然?)の再会が、短期間に何度も重なることがあります。 そういう時期は、「転換期に入る、少し前」であることも多いようです。 過去の話を懐かしく楽しんだり...
0
スピリチュアル全般

家族は、それぞれ別の個性を持った、別のたましいの集まりです。

家族、血縁というとても近い関係であっても、もとは、「それぞれ別のたましい」であり、別の個性を備えていますから、気持ちが通じ合わなくなることもあれば、意見が対立して揉め事になることもあります。 その対立の度合が、深刻なものであるか、些細なものであるか、という差はあっても、どこ...
0
スピリチュアル全般

懐かしい再会が、短期間に連続して起こるのは?

昔の知り合いに、久しぶりに、しかも偶然に再会する機会が、短期間に何度も重なることがあります。そのような出来事が起こる時期は、ちょっと立ち止まって、過去から今までをじっくり考えていく時期、「転換期に入る、少し前」であることも多いようです。 昔話に花が咲き、忘れていたこ...
0
スピリチュアル全般

転換期を迎えているときには、環境を変えたい気持ちが働く。

人生には、数年おきに、「節目」のようなものがあり、状況や心境を大きく変化させて、一段高いところで、新たな学びをスタートさせていくような流れが作られているようです。 人生の節目、転換期に差し掛かっているときには、「環境を変えたく」なります。お部屋の模様替えをしたくなったり、不...
0
スピリチュアル全般

霊的なエネルギーにふれると、眠くなることもある。

スピリチュアルな意味合いにおいての「眠気」というのは、「霊的に高い波長のエネルギーにふれたとき」と、逆に「霊的に波長が低くて重たいエネルギーにふれたとき」に感じやすいものです。 それは、ある種のトランス状態というか、入神状態のようなもので、霊的なエネルギーに深く感応している...
0
スピリチュアル全般

ラップ音のしくみとは。

霊的なエネルギーが、「物理的に鳴らす音」を、ラップ音といいます。 物理的な音ですから、その場にいる誰もが聞こえる音、という意味です。 「バシッ」「パキッ」など、家の軋みの音に似ているものもありますし、霊的なエネルギーは、電気に似ているので、電化製品が共鳴して音が鳴るこ...
0
スピリチュアル全般

「今、この人生を生きている」という奇跡。

この世で生きている誰もが等しく、いつかは「肉体の命」の終わりを迎えますが、たましいは永遠なので、消えてなくなることはありません。 お金をいっぱい貯めても、あの世までは持っていくことも、来世に持ち越すこともできず、今回の人生で得た物質的な要素は、肉体とともに終わりがあります。...
0
スピリチュアル全般

この世を生きることこそが、スピリチュアルである。

あちらの世界と、こちらの世界は、重なり合って存在しています。こちらの世界は、あちらの世界の(広義の意味で)一部である、とも言えます。 つまり、この世を生きることは、あの世を生きることでもある、のです。 私たち人間とは、「肉体をもった霊」ですから、この世に生きて...
0
スピリチュアル全般

大人っぽい感性の子は、幼少期の人間関係で苦労することがあります。

私たちは、何度も生まれ変わって、たましいの成長を続けている霊的存在です。この世に生まれた瞬間から、資質や性格がゼロから培われるのではなく、以前の経験や資質を引き継いでおり、それらが独自な個性として備わっています。 そのため、実年齢とたましいの年齢は同じにはなりませんので、「...
0
スポンサーリンク