いずれまた、上向きになる時期がやってきます。

この世には時間というしくみがあり、どんなことも同じまま保たれることはなく、上がったり、下がったりと変化がついていきます。

下がってしまうと、不安になってしまうものですが、それは一時期だけのことで、そのうちまた上がる時期に備えた「前段階」ととらえていくといいです。

黒い翼の天使と白い鳥

ものごとは変化していきます。同じままにはならない、ということは、下がったままにもならないということです。下がった状態は一時的なものでしょうから、「長い人生のうちで、そういうときもあるさ」というふうに、いい意味での楽観さをもつことも必要です。

今できることをする、今すべきことをする。この積み重ねをしっかり行っていれば、いずれまた、蓄積したものが底上げとなって、上向きに切り替わる時期もくるでしょう。

下がったときこそ、次に上がるための準備をしっかりとしていける、いい機会を与えられたのだと、そのように切り替えていくといいです。

上がったり、下がったり、こうした波のように繰り返す変化は、時間というしくみがあるこの世では「自然なこと」です。

自分を信じて、自分のすべきことを重ねていけば、次の「上がる時期」は、きっと遠くはないでしょう。

コメント

  1. ゆり より:

    リカコさんのこの記事、今の私にドンピシャで、泣きそうになりました。
    自分を信じて、今やれる事を頑張ります!

    • リカコリカコ より:

      ゆり様

      長い人生という時間は、上がったり、下がったりのくり返しなので、
      少し先をイメージしながら、今できることを楽しみながら重ねていくことですよね!