行動からつくられるエネルギーは、大きなあらわれになる。

私たちは、この世で、肉体をともなって人生を過ごす経験をするために、生まれてきています。

わざわざ、肉体をともなって生まれてきているのですから、

この状況や環境をいかした、「行動」という経験から学ぶことは大事ですよね。

初対面の人や、あまり親しくない相手でも、その人がまとう雰囲気から「この人は、きっと行動的なタイプだろうな」と、なんとなくわかることがあると思います。

それは、体の動きをともなって生じるエネルギーは、たとえるなら「粒子が大きい」ような、「実体感」のような、わかりやすさがあるためです。

内的な、意識活動(思考のめぐり、ひらめきの多さ、あれこれと考えたり、思ったりする動き)も、エネルギーの振動としてオーラにあらわれますが、

こちらは、同様のたとえをするなら、「粒子が細かく」て「観念的」な質をもつエネルギーであるため、わかりにくいです。

このことから言えるのは、行動によるエネルギーの動きは、わかりやすく伝わりやすい、大きいあらわれになる、ということです。

そのようすを見たわけでもない相手にも、イメージさせたり、印象をつくったりするくらいの、大きなエネルギーのあらわれがあるのですから、

相手への印象はもちろんのこと、

自分を成長させたり、変えたりすることにも、

行動による反映は、大きいということです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加