オーラ

オーラ

オーラの色が、何色くらいあるか。

性格や性質という、元から備わっている本質的な特徴をあらわすオーラは、頭の上のほうにあらわれます。 「あなたのオーラは、赤い色なので、性格が○○ですね」などと表現する場合は、頭の上にあらわれる色に、赤が含まれているという意味です。 この、性格や性質をあらわすオー...
0
オーラ

大きなオーラの人には、大きなスケールの役割がまわってくる。

オーラの全体的な大きさには、活力や影響力などがあらわれます。 平均よりも大きなサイズのオーラをしていれば、その分、活力が大きく、他者への影響力を行使することができたり、存在感が大きいために印象に残りやすいなどの利点があります。 そうした影響力の大きさによって、リーダー...
0
オーラ

オーラの色の、「むらさき色」。

その人の性質や性格をあらわす「オーラの、むらさき色」は、一般的なイメージの紫色、たとえば「クレヨンのむらさき色」とは、少し違っていて、 どちらかというと、それよりもうちょっとあずき色に近いです。 あずき色、と置き換えてしまうとそれも違うのですが(^_^;)、普通の紫よ...
0
オーラ

オーラの色を伝える場合の位置は、頭の上のほうの色。

オーラには、7つの層があるとされています。 スピリチュアルに詳しい方には、よく知られている知識だと思います。 それぞれの層によって、あらわれる内容が違っていて、層ごとに、別の色や輝きを放っています。 しかし、スピリチュアルなセッションなどで、「あ...
0
オーラ

スピリチュアルな繋がりが深い、「白っぽいオーラ」。

スピリチュアルな素養を高く備えていたり、スピリチュアルな繋がりが深い方のオーラに見られる特徴として、質感が「白っぽいオーラをしている(場合がある)」という点があります。 全員がそうなっているわけではないので、何か他の規則性が関連しているのかも?と思いますが、今のところ、他の...
0
オーラ

特定の性質と、オーラの色はそれほど関連していない場合も。

ご相談者さまに、オーラの色をお伝えした際に、「自分が欲しいと思っていた色が、入っていなかった」と、というご感想をいただくことがあります。 こうした場合のほとんどは、「○○色のオーラには、○○の能力が含まれている」というような、思い込みの解釈をなさっていることが多いようです。...
0
オーラ

緊張しているときのオーラは、寒色系の青い色。

このブログで取り上げている「オーラの色」についての説明は、大部分が、その人の本質的な性質、移り変わりの少ない部分のオーラについてです。 しかし、オーラというのは、とても複雑なものですから、オーラの色というのは、本質だけを表すのではありません。それ以外にも、あらゆる要素が現れ...
0
オーラ

自分の世界観を持つ「こだわりの人」、銀のオーラ。

その人の性格や資質、霊性などに関連する「本質のオーラ」は、頭の上のほうに現れます。 「あなたのオーラの色は○○色」という場合は、この、頭の上の色について語っているのが(オーラ透視上)一般的だと思われます。 シルバーは、独自の価値観を強く持っていて、そのことを探...
0
オーラ

「赤×青」は、男前オーラ。

性質をあらわすオーラの色に、赤の元気さと、青のクールさの両方を併せ持った人は、男性だと、爽やかな男らしさがあり、女性からモテるタイプだと言えます。反対の要素を持っているので、それぞれの要素がお互いを引き立てて「分かりやすい魅力」があるためだと思います。 あくまで一例ですので...
0
オーラ

オーラの色が同じでも、濃淡によって特徴はかわる。

性格や性質をあらわすオーラの、色の濃淡により、備えている性質が「どのように発揮されているか」または、「本人がどのようにしたいと望んでいるか」がわかります。 オーラの色といえば、単純に「青」とか「赤」とかの、色だけに注目することが多いですが、しかし、一口に赤と...
0
スポンサーリンク