前世

スピリチュアル全般

気質や性質を、備えて生まれてくる。

人がこの世に生まれてくるときには、前世で培った「経験値」から、気質や性質などの特徴を、個性として備えてうまれてきます。 そうした特徴が、両親や祖父母と共通していれば、「○○家の遺伝だね」ということになるのでしょうけれど、 しかし「家族が皆、おとなしい性格なのに...
0
前世

はじめての場所なのに、懐かしい感覚が生じるとき。

はじめて行った場所なのに、不思議と懐かしいような、はじめてではないような感覚がわいてくることがあるものです。 そういう気持ちになるときは、あるいは、前世での記憶が、懐かしさを感じさせているのかもしれません。 この世で起こることはすべて、同じ要素をもつもの同士が...
0
前世

前世が、性質の特徴にあらわれることもある。

人は何度も生まれ変わり、あらゆる状況を経験するという形で、たましいを成長させる学びをしています。 今回より以前の経験のことを「前世」といい、そのときの経験のすべては、グループソウルとよばれるたましいの領域に、刻まれていきます。 生まれ変わるときに、前世の「記憶」を持ち...
0
前世

前世と、今世の繋がり。

人はたましいの存在であり、何度も生まれ変わって、たましいを磨くための「経験という学び」を重ねています。 何度も生まれ変わることで重ねられた経験値は、グループソウルとよばれるたましいの大元に蓄積されて、次の生まれ変わりをする際の、学びの内容に関連していきます。 過去のた...
0
前世

お互いに、前世のどこかで会っている。

今回の人生で、関わりをもつ人たちは、広い意味でいえば「これまでの前世のどこかでも、関わったことがあるたましい」という可能性が高いです。 友だちのAさんも、Bさんも、上司のCさんも、前世のどこかで、何かの形で、関わりをもっていた間柄かもしれません。 親しい関係だ...
0
スピリチュアル全般

「肉体の年齢」とは別の、「たましいの年齢」がある。

私たちは皆、たましいという永遠の存在であり、この人生というのは(たましいの観点からすれば)一時的なものです。 私たちは、たましいの学びのために、何度も生まれ変わりを重ねます。そうした生まれ変わりの経験値は、たましいの領域に刻まれていきます。過去の生まれ変わりの経験は「前世」...
2
スピリチュアル全般

子どもの頃の容姿に、前世の名残が(その時期だけ)あらわれる場合がある。

人はみな、たましいの存在で、何度もうまれかわって、たましいを磨くための経験を積み重ねています。そうした過去の経験のことを、「前世」といいます。 前世と今世の自分は、(たましいが同じであるとはいえ)まったく別のものであり、生まれる国も、性別も違うかもしれず、人種が違えば、容姿...
0
前世

前世との共通点が多くみられるのは?

前世リーディングを実施したときの、回答後の質問として、以下のような内容をいただいたことがあります。 「転生を何度も繰り返すことで、いろいろな経験から、違う種類の性質を獲得していくしくみだと思っていたので、前世のようすと今の自分に共通点が多いことに驚いた。性質というのは、一貫...
0
スピリチュアル全般

たましいの経験値として、すべてが蓄積されていく。

人は、何度も生まれ変わって、たましいの学びを続けている霊的な存在です。 今回の人生がスタートする以前にも、前世という経験があり、たましい領域には、それまでに培った知識や知恵などが蓄積されています。 そのことを、私たちは、表面的な記憶としてはもっていないけれども...
0
スピリチュアル全般

古いたましいの人は、ものごとにクールになってしまうことがある。

人は、この世で何度も生まれ変わって、いろんなパターンの人生を経験するという学びを重ねています。 そうした生まれ変わりの「回数」や、この世で経験を重ねている「延べ年数」多い、古いたましいの人は、ものごとに対して「全般的にクールになりすぎる」傾向がみられます。 違...
0
スポンサーリンク