人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

下の子に、上の子が意地悪をするときには。

下の子が生まれることで、上の子が、今まで自分に向いていた関心や愛情を横取りされてしまったように感じて、不機嫌になって手がつけられなくなったり、下の子に意地悪をしたりすることがあったら、 「その子が、赤ちゃんだった頃の思い出話」をしてみると効果があるかもしれません。 あ...
0
人間関係、コミュニケーション

疎遠になれない友だちや知り合いとは、ほどよい距離をもつ。

人間関係が作られる理由はいろいろあって、気が合うとか好きとかの感情以外で結びつく「友だち」がいたりするものです。 仕事のような、どうしても付き合う必要があるわけではない、友だち付き合いを積極的にしたいほどの好感をもっているわけでもない、しかし、お互いに「一応は、友だちである...
0
人間関係、コミュニケーション

自分の得意なことを、他人との関わりが気づかせてくれる。

自分にとって得意なことは「ふつう」に思えるものです。そして、自分が苦手なことがうまくできる他人を「すごい」と思うものです。 得意なことほど、自分にとって自然なことなので、このくらい誰でもふつうにできるものだ、とか、そんなに価値はない当たり前のことだと思いがちです。 し...
0
人間関係、コミュニケーション

人付き合いを避けることを、正当化する言い訳。

ときどき、人との関わりから距離をとっていることについて、「自分は、深い意味があって、人間関係を避ける学びを今回の人生で選んでいるはずだ」と、主張される方がいます。 だから逃避しているのではない。自分でそれを選んでいるのだ、と。 学びは人の数だけありますから、ときにはそ...
0
人間関係、コミュニケーション

気を利かせるためには、ほんの少しの先取りでいい。

人づきあいを円滑にするためには、相手に対して「気配りをする、気を利かせた言動をとる」ことは大事です。 けれど、それもちょうどよい適度が大事であり、頑張り過ぎても空回りになったり、相手からすると、自身の否定や攻撃のように受け取られたりすることがあるので注意しましょう。 ...
0
人間関係、コミュニケーション

相手が一方的に投げつけた感情を、引き受けない。

相手が、自分に、いわれのない感情を一方的にぶつけてくることがあります。 そのような態度をとられてしまうような原因が自分にあって、反省しなければならないケースは別ですが、相手の一方的な思いや解釈の八つ当たりのような言動を、ぶつけられたときには、「相手が投げつけた、感情というゴ...
0
人間関係、コミュニケーション

会話の「目的」は何か。

上手な会話やコミュニケーションのためには、そのやりとりの、目的とは、どんなことなのかを、自分の中でしっかりととらえて置くことが大切です。 そこがはっきりしていないと、その時々の相手の反応や発言の内容で、あちらこちらとゆれ動いて、何を得るためのやりとりだったのかが、曖昧になっ...
0
人間関係、コミュニケーション

自慢をしているように、誤解されがちな話し方。

自分では、全然そんなつもりはないのに、話したことが「自慢話」のように受け取られてしまう、誤解されてしまうことが多い人の「話し方」には、共通点があります。 ひとつは、「自分の話ばかりすること」、そしてもうひとつ、「話にオチがないこと」です。この二つの要素が両立している人が、そ...
0
人間関係、コミュニケーション

誤解と憶測。

誤解されることが多い人は、基本、言葉が足りていないというか、言うべきことを言わず、伝えるべきことを伝えていないのに、そのことに自覚がないケースが少なくないようです。 会話の中で、説明や主張の言葉が少ないので、相手の憶測を生みます。そして、意図したことと違う受け取り方や解釈を...
0
人間関係、コミュニケーション

女性は、好きな相手のことを、おしゃべりするのが楽しいけれど・・・。

女性はおしゃべりが大好きなので、女性の友人同士で、好きな人や、お付き合いしているパートナーについて、彼がああいった、彼がこういったと、気軽に会話することがあると思います。 男性は「目的があってそのために会話をする」ものですが、女性は「特定の目的はなく、結論を出したいわけでも...
0
スポンサーリンク