カルマの法則・波長の法則

スピリチュアル全般

自分の「行い」が、人生を作っている(その2)。

こちらの記事のとおり、自分の「発言」「思い」「行動」などの、行いが反映していき、自分の人生がつくられていきます。 この反映には、前世での行いも含まれます。 たとえば、前世でフランス人だったときの行動が、今世で日本人として生きる人生に、結果としてもたらされること...
0
カルマの法則・波長の法則

ペースが合わないとは、備えている波長の違いから生じる感覚。

「あの人とは、どうも行動のペースがかみ合わない」とか、「あの環境では、自分のペースが乱されて疲れる」という表現で、物事の進め方や、認識や解釈などの、速度の違いをあらわすことがあります。 あるひとつの出来事に対しての印象ではなく、その相手のなすこと全体への印象として、「あの人...
0
カルマの法則・波長の法則

カルマの法則は、前世と今世をまたがって、作用することもある。

何かの原因があり、そのことが結果として展開していく。自分が原因をつくったことが、自分の人生に結果をあたえていくことになるという、スピリチュアルなしくみのことを、カルマの法則といいます。 この繋がりを、種まきにたとえて「種を蒔いたことが、実るしくみ」と表現されることもあります...
0
スピリチュアル全般

波長を高めるとは、スピリチュアルな振動を上げること。

スピリチュアルな意味で、波長とか、波動という言葉であらわされるものとは、「スピリチュアルなエネルギーの、振動」のことです。 エネルギーがもつ「響き」を、そうした言葉に置き換えているということです。 エネルギーの振動数が高いことを「波長が高い」、お互いの振動数に共通要素...
0
スピリチュアル全般

自分のエネルギーが振動できる幅によって、引きあうものが決まる。

スピリチュアルなことを表現するために、波長とか波動という言葉を使うとしたら、それはどちらも、ほぼ同じものをあらわしていて、エネルギーが振動する領域のことをいいます。 人も、物質も、できごとも、それぞれ固有のエネルギーをもっています。それらがエネルギーとして振動する領域を、上...
0
カルマの法則・波長の法則

自分の周囲に置くべき、「物」や「情報」を、えらんでいくこと。

この世には、同じものが引きあうという「波長の法則」があります。 そうして、人との関わり、物や事柄との関わりの機会などがつくられていくしくみになっています。 波長の法則は、ほんの少しの共通点でも作られますから、関わるもの、集まる物が全部、自分にとって重要であるとは限りま...
0
カルマの法則・波長の法則

自分と相手は、共通点があり、違う点もある。

この世で経験するすべての事柄には、「同じ要素が引きあう」というスピリチュアルなしくみが関連していきます。 人間関係にも、このしくみは当てはまり、「共通している要素がある人同士が、引きあう」ことで、関わりが発生していきます。 このしくみを、波長の法則といいます。 ...
0
カルマの法則・波長の法則

物が、自分のところに集まってくるのも、波長の法則。

物を大切に扱う人には、その姿勢に呼応するかのように、物がたくさん集まってくることがあります。 擬人化した表現をするなら、「物を大切にする人は、物に好かれる」というところでしょうか。 「動物をかわいがる人は、愛情が通じて、動物に懐かれる」のと、構図としては似ています。 ...
0
カルマの法則・波長の法則

新しい人間関係が不安なときは「波長の法則」を思い出す。

この世には、同じものが引き合う=波長の法則 というしくみが存在します。 人間関係もそれは同様で、何かが共通している人、似たところがある人が自然と集まるようになっています。 つまり、この世のさまざまな場面で、関わりを持つことになる相手とは、何かしらの共通点があることにな...
0
カルマの法則・波長の法則

ほんの少しの共通点でも、波長の法則は成立する。

この世には、同じ要素をもつもの同士が引きあうという、スピリチュアルな規則性があります。 自分が経験する物事も、関わりが作られる人間関係も、何かしらの同じ要素が引きあって展開するようになっていて、このしくみを「波長の法則」といいます。 そのことから解釈すれば、自分と関わ...
0
スポンサーリンク