カルマの法則・波長の法則

スピリチュアル全般

スピリチュアリズムとは、こうあるべきというルールではない。

スピリチュアリズムとは、霊的な「しくみ」のことです。霊的な観点からすると、このようになっているという構造を解説しているものです。 この世の事象にたとえるならば、「ずっと夜のままとはならず、時間の経過で朝がくる」ことや、「夏の次は、秋である」ように、 ものごとの成り立ち...
0
カルマの法則・波長の法則

カルマには、重ねた「行為のすべて」が該当します。

ときどき、「こんな出来事がありました。これは、過去のカルマが返ってきたのでしょうか?」というご質問をいただくことがあります。 カルマの法則は、スピリチュアリズムを理解していくための、基本的なしくみであり、そうした視点からの分析をしてみることで、深く自分を見つめることができま...
0
スピリチュアル全般

何度も繰り返し経験することは、この人生で学ばされる事柄。

スピリチュアリズムの大原則に、「カルマの法則」とよばれるしくみがあります。 自分がした「行いのすべてが原因」となり、まいた種が実るように、この先の人生に「何らかの結果として反映」するしくみの中で、私たちはこの人生の経験から学びを重ねています。 このしくみがありますので...
2
カルマの法則・波長の法則

あらゆる原因が、結果を伴うという、カルマの法則。

カルマの法則とは、自分が蒔いた種が、自分のゆく道に実るという、真理の法則です。 悪いことをすればその罰がある、という単純な意味には解釈しないでください。本来の意味は、悪いことであろうと、良いことであろうと、自分が原因をつくったことはすべて、自分が結果を引き受けるという形で、...
0
カルマの法則・波長の法則

カルマの法則とは、原因と結果が結びつくしくみ。

カルマの法則とは、原因と結果が結びつくしくみのことです。 何かの行いが種となり、種が実っていくように、結果が作り出されていくというしくみが、この世には存在します。 何の原因もなく、いきなり結果が出現することはなく、原因があるからこそ結果が作られます。すべては見えない領...
0
カルマの法則・波長の法則

お互いの得るものを考えながら、人付き合いをしていくこと。

機転がきくことをいかして、うまく立ち回り、自分だけが一方的に得をすることが「できた」ように思えても、長い目でみればそうはなりません。 この世でおこるできごとはすべて、「カルマの法則」で展開していきますから、自分がまいた種は、何らかの形で自分が引き受けることになります。 ...
4
カルマの法則・波長の法則

いろんな形で人のためになっていて、いろんな形で戻ってきている。

この世には、「カルマの法則」とよばれる真理のしくみがあり、自分の行いのすべてが原因となり、結果をつくるという繰り返しで、ものごとが展開していくようになっています。 それは、相手と自分との間に起こることも同様で、自分が、誰かに何かをしてあげたことは、結局は、「自分のところに、...
0
スピリチュアル全般

「過去に、やらかしたこと」の作用を、消すことはできるのか。

これまでの経験の中で、大人になった今の観点で振り返ってみると、若さゆえに「やらかしてしまったこと」は、多々あるものですよね。 相手の迷惑を考えずに、自分側の都合を押し通したり、してもらって当たり前、してくれないのは相手が悪いというように、幼い感覚での行いを、きっと誰もがして...
0
カルマの法則・波長の法則

自分が、種をまいたことを、刈り取る姿勢になっているか。

スピリチュアルなしくみとして、自分がしたことが自分に返る、自分がしたことは種まきとなって、自分のフィールドに実っていくという「カルマの法則」があります。 その法則によって、この世のものごとは展開していきますから、人のためにした行いもすべて、いつかは何かの形で、自分に返ってく...
0
カルマの法則・波長の法則

まいた種が、実るまでには「時間」の経過が必要です。

カルマの法則とは、スピリチュアリズムの大原則ともいえる「原因と結果が、結びつくしくみ」のことです。 自分がまいた種が、何らかの形で、自分のゆく道に実るという、このしくみがあるからこそ、この世という「自分以外にもたくさんの人がいる場所」で、「自分に必要な学びを経験することがで...
0
スポンサーリンク