カルマの法則・波長の法則

カルマの法則・波長の法則

波長の法則は、自分の内的な理解のために、活用するのがいい。

スピリチュアリズムの法則のひとつに、同じ要素をもつもの同士が引きあうという、「波長の法則」と呼ばれるものがあります。 このことをふまえて解釈すると、たとえば、どこから見ても相手が悪くて、自分のせいではないと思えるようなことでも、広い意味でいえば、自分にも幾らかの原因があった...
0
カルマの法則・波長の法則

波長の法則で人間関係は作られるが、何もかもが同じではない。

この世で起こることはすべて、何らかの共通要素が引き合って展開するという「波長の法則」が関連しています。 日々起こる出来事もそうだし、関わりをもつ人間関係も同様です。 ただし、波長の法則とは、一部分でも引き合うところがあれば出来事や関係性がつくられます。 ...
0
カルマの法則・波長の法則

例えば、10人の知り合いがいるなら少しずつ。

この世で展開するできごとはすべて、同じ要素のあるもの同士が引きあうしくみである「波長の法則」が関連しています。 人間関係もこのしくみが作用していて、何かしらの共通要素をもつ人同士が、知り合ったり、関わりをもったりするようになっています。 何も共通要素のない人同士が、関...
0
カルマの法則・波長の法則

相手にしてあげたことは、別の人を介して戻ってくる場合も多々ある。

この世におけるスピリチュアルなしくみとして、自分がしたことは自分に返ってくる、自分のまいた種が自分の行く道に実るという、いわゆる「カルマの法則」があります。 そのしくみによって、この世のものごとは展開していきますので、自分だけが一方的にしてあげるばかりになることもないし、何...
0
カルマの法則・波長の法則

カルマの法則とは、原因と結果が結びつく「しくみ」のことです。

「原因があって、結果がでる」「自分がしたことが、自分に返ることになる」という、この世のしくみを「カルマの法則」といいます。正しく理解するのはとても難しいのですが、これはスピリチュアリズムを理解する上での基本原則です。 カルマとは「行い」のこと。 「カルマ」とは、サンス...
0
カルマの法則・波長の法則

周囲の人も、周囲の物も、波長の法則で、自分をあらわしている。

自分で自分を知るためには、「自分の周囲を眺める」という方法があります。 スピリチュアルなしくみのひとつに、「波長の法則」というものがあって、同じ要素をもつもの同士が引きあいますから、自分の周囲のいろんなものに、自分の一部分があらわれていることになります。 周囲にある「...
0
カルマの法則・波長の法則

同じ要素をもった人同士が、出会い、関わりをつくる「波長の法則」。

人の関わりや、出会いも、「同じものが引き寄せ合う、波長の法則」により、同じ要素を持っている人同士が巡り合うこととなり、かかわりのできごとが展開するようになっています。 それは、たとえば恋愛や友だちなどの、近い関係だけに限らず、仕事上の人間関係も、日常生活で出会う、それほど密...
0
カルマの法則・波長の法則

人のための行動もすべて、自分に返ってくるしくみになっている。

相手のために、一生懸命に尽くしている自分の労力が、正当に評価されず、とても軽く扱われてしまったり、そうするのが当然とでも言わんばかりの態度をされてしまうことがあっても、 「相手が、理解しなかった」というだけであり、「あなたが行った行為は、あなたのたましいにしっかりと刻まれる...
0
スピリチュアル全般

スピリチュアルな意味での「波長」とは、エネルギーの振動数のこと。

スピリチュアルなしくみや現象を説明する際に、「波長」、または「波動」という表現がよく使われます。 私は、波動という言い方は、あまり使わないのですが、スピリチュアルなエネルギーをあらわす際の、「波長」と「波動」という2つの言葉は、ほぼ同じことを指して使われることが多いようです...
0
カルマの法則・波長の法則

自分と周囲の人は共通している部分がある、この世のしくみ。

自分自身と、周囲の他人は、何かしらの共通要素をもっています。同じ要素がなにもない人同士は、知り合うことも、近い関係になることはありません。この世は、そうしたスピリチュアルなしくみが作用しています。 自分の内側にあることは、外の事柄や周囲の他人に反映されていきます。 ま...
0
スポンサーリンク