守護霊が伝えたいことが、自分の口から聞こえる?ケース。

守護霊と自分とは、内面を通して繋がっているので、守護霊が伝えたいことがある場合は、思考や感情を通して「心の中に働きかける」という形がとられることが多いです。

けれどときどきは、別の形をとることもあり、そのひとつを先日の記事内でお伝えしました。

守護霊が伝えたいことは、他人の口から聞こえることがある。
すべての人に、守護霊とよばれる、この人生の学びをはじめからおわりまで導いてくれる役割のスピリットがいます。 守護霊は、あれをしろ、これをすべきと、こちら側のことにいちいち口を出したりはしませんが、必要に応じて、私たちがしっかりと自分の人生を進んでいけるように、ヒントを出して...

上記リンク先のとおりで、他人の口を通して発せられた言葉の中に、自分に必要な答えがあったり、ヒントが間接的に示されたりすることがあります。

これと同じような形の、ちょっとひねりのきいた?別のパターンで、「自分の口を通して、自分に必要なことが伝えられてくる」こともあります。

それは、「他人の口から」のパターンと似ていて、

自分の口から、誰かに対して話したことの一部分が、殊更に大きく聞こえて印象に残るという形になります。

たとえば、後輩から相談されたときの返答として、「その件は、まずはAからやるといいですよ。その他は、まだ動き出すのは早いのではないでしょうか。今は、準備に時間を掛けて、もう少し先に照準をあわせるほうがいいですよ」などと話した自分の言葉のうち、

「今は準備の時期」「もう少し先に照準を」という言葉が、自分の口から出た言葉なのに、自分が話したことではないような感覚になったり、

相手へ伝えたはずの言葉が、自分に言いきかせたような感覚になったり、

何かちょっと、そこだけ際立つような、不思議な印象深さを覚えるときは、

それは、自分の口を通して、守護霊が自分へ(相手へ伝えるというシチュエーションをお借りして)伝えてきているメッセージという可能性もあります。

そうしたケースのすべてが該当するわけではないので、あまり拡大解釈をしてしまっても、思い込みになってしまいますので、注意が必要であるのは、過去記事のケースと同様です。

でも不思議と、こういうことは、なんとなく「わかる」ものです。

これがそうだ、という感覚が内からわいてきて、その感覚とセットでの伝達なのだろうな、と。

このときの、大きく聞こえるとか、際だって聞こえるのは、自分の声のボリュームが大きくなるのではなく、声にのる「エネルギーの響き」なのです。

自分が話すことに、守護霊の働きかけが「重なる」ことで、守護霊の波長がそこに加わるぶん、いつもより深い響きで聞こえることとなり、印象に残るというしくみです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

  1. 明太子 より:

    話題がズレてたらすみません(^^;;
    声に出さなくても
    自分の頭の中で、
    自分の声が響く事もあるでしょうか?
    独り言とか考え事などとは違います
    説明が難しいです…