前世

前世

前世の経験値が多い人は、このように目的意識をもつといい。

人は何度も生まれ変わっていて、たましいの学びを続けている存在なので、今回の人生以前にも、人として過ごした経験をしていてそれを「前世」といいます。 前世の経験値は、たましいの大元である「グループソウル」とよばれる領域に刻まれていて、私たちはそこから個性や性質という特徴を備えて...
3
前世

前世の経験値が少ない人は、迷いも少なく勢いがある。

こちらの過去記事のとおりで、前世の経験値が多い人は「ものごとに対して熱くなることが難しい」ケースがよくみられます。 一方、前世の経験値が少ない人にみられる特徴としては「こわいもの知らず」であることがあげられます。 過去の経験が、判断をするときの比較対象となって...
0
前世

前世の経験値が多い人特有の、大変さがある。

スピリチュアル的にいえば、人はたましいの存在であり、人生とはたましいを磨くための学びの機会です。 今回の人生以前にも、何度も生まれ変わってたましいを磨く学びをしていて、以前の経験を「前世」といいます。 前世が多い人は、たましいの経験値をたくさんもっているので、今回の人...
0
前世

その人は、前世の続きをしているのかもしれない。

ものごとが「いきなりうまくいく」という恵まれた経験をする人が、世の中にはいるもので、 それほど努力をしているようすもなく、苦労をすることもなく、いとも簡単に結果を出してしまう人がをみると、「すごいな」「いいな」という思いとともに、 「なぜ自分は同じようにいかないのか」...
0
スピリチュアル全般

生まれ持って備えてくる、たましいの性質の違い。

人は何度も生まれ変わって、たましいの学びを続けていて、今回の人生以前の経験値のことを「前世」といいます。 前世での経験値は、たましいの大元である「グループソウル」という領域に蓄積されていて、この世に生まれてくるときに、そこからさまざまな要素を備えてきます。 生まれもっ...
0
スピリチュアル全般

人生の目的を把握していなくても、学びは進む。

人生の目的についての続きです。 現実的な事柄として、たとえば会社のプロジェクトでも、個人的な生活上の行動でも「数年という時間をかけて、ひとつのことをなす」場合もあるように、 たましいの観点からみた「人生の目的」も、今世という1回の人生で完結するものばかりとは限...
0
前世

何度も、同じ国や地域に生まれて学ぶ。

スピリチュアル的にいえば、人生とは「たましいを磨く学び」の機会で、誰もが何度も生まれ変わって学びを続けています。 この人生以前の、たましいの経験値を「前世」といいます。 何度も生まれ変わりの旅を続けて、たましいが磨かれていけば、学びの課題となる内容も変化してい...
0
前世

何度も出会うたましいは、懐かしさも深くなる。

人生を振り返ってみると、いくつかの印象的な人間関係があるもので、その人達に対して「前世でも、出会っていた縁だったかもしれないな」と、振り返ることがあると思います。 とても深くわかり合えるとか、不思議なタイミングの関わりだったとか、お互いに学びが大きかったとか。 そうい...
0
スピリチュアル全般

自分が決めて、生まれてくるしくみ。

人がこの世に生まれてくるときには、たましいのレベルでは「このような経験をしよう」「この部分をいかす学びをしよう」というふうに、 自分が「決めて」生まれてくると、スピリチュアリズムではそのように表現されていることが多いです。 この場合の「決める」とは、何の枠組み...
0
前世

前世と同じような経験をしたり、違う経験をしたり。

まもなく、今年がおわっていきます。私たちは「一年」や「年度」の区切りで、ものごとの動きをとらえることが多いですが、 それは認識しやすさの目安であり、実際のものごとの動きは、そうした区切りにとらわれず続いていきますし、重なっていきますよね。 ものごとが、スタートする時期...
0
スポンサーリンク