考え方、感情、行動

考え方、感情、行動

変えられそうなところから、動きをつけていけばいい。

ものごとがうまくいかないときの、対応策の見つけ方として、「何が原因でこうなっているのか」という方向からの思考はとても有意義です。 しかし「誰が原因で、こうなっているのか」という点から思考をスタートさせてしまうと、多くの場合、そこで状況が停滞してしまいます。 なぜなら、...
0
考え方、感情、行動

時間というしくみに委ねて、待ってみる。

うまくいっていないわけではないけれど、それなりにうまくいっているのに、停滞しているような気持ちになったり、これでいいのとわからなくなってしまうことがあります。 不安になっているのではなく、迷っているのとも違う。目指すところは、自分なりに定まっているつもりだけれども、...
4
考え方、感情、行動

必要性の高いものを残して、シンプルにする

思考や行動がシンプルであるとは、無駄が少なく、 必要性の高いことが集約されている状態です。 必要なことが集まっていて、不必要が省かれていると、時間と心の余裕がつくられます。 しかし、シンプルにといっても、ただ数や量を減らしただけでは、減らしたという事実に、これ...
0
考え方、感情、行動

外にあるものが刺激となって、内側の気づきになる。

「答えは、自分の内側に存在するもの」という表現は、外側に向かって「自分探し」が過剰になってしまう人を戒める目的で、使われることがあります。 確かに、自分自身のことを、外側に探しにいっても、存在しない場所に探しにいっていることになり、「どこにいっても見つからない」という新たな...
0
考え方、感情、行動

書くという行為で、自分が望むことを認識する。

これから経験してみたいこと、試してみたいことを書き出してみましょう。書くことで、思考が整理されますし、これから取り組むべきことが明確になり、行動しやすくなります。 なんだそんなこと、などと思わずに、実際にやってみてください。 意外なくらいに、思考と行動への反映が大きい...
0
人間関係、コミュニケーション

サバサバしているのは、女性に多い。

サバサバしている、さっぱりした女性に対して、あの人は性格が「男っぽい」という表現がなされることがあるようです。 ですが、実際のところは、サバサバしているのは女性に多く、男性にはあまり見られない性質だと思います。 女性は、一般的に感情が大きい人が多く、感情や自分...
0
考え方、感情、行動

大きく響かせる、感度のいい受信器であればいい。

自分の内側のことと、外側にあるものごとは、「自分」を通して繋がっています。だからこそ、「外にあることは内面の反映である」とか、「(外である)部屋を片付けると心が整理される」という関連性が語られるのです。 実際に、外からやってくるものごとが、自分に刺激を与えてくれて、...
0
考え方、感情、行動

今日の、テーマを決めて行動する。

こちらのブログでは、「行動することの大切さ」や「行動するための考え方」などについて書くことが多いです。 その理由は、行動することが与える、人生への作用は大きいからです。 そして、その行動は、意識的であったり、目的にそったものであるほうが「効果的」であるとも言えます。 ...
0
考え方、感情、行動

誰かの役にたっている実感が、「喜び」となる。

この世は、自分と他人が関わることで学びをえていく場所です。 自分とその他という区分けがあるから、そこで比較という行為ができて、自分のことが分かったり、相手のことが推察できたりしますよね。 他人との関わりは、自分との違いゆえに、わかりにくいことも、面倒なことも多いけれど...
0
考え方、感情、行動

人生を豊かにするために、得ているものの価値に気づく。

自分の人生や日々の生活を豊かにしたいと思ったら、まずは「今あるものの中に、価値を見つけること」からスタートするのがいいですね。 これから手にしたいもの(今は、ないもの)ではなく。 既にあるものに、まずは目を向けていくことです。 「得ているもの」の中には、...
0
スポンサーリンク