守護霊

リーディングセッションについて

守護霊の観点から、伝える必要のあることを伝えてくる。

Skypeや電話のセッションでお伝えすることの中に、守護霊からのメッセージがあります。 お話を開始してまもなく、「今日のセッションに出てこられた、守護霊からのメッセージ」として、「守護霊の方が、ご相談者さまに伝えたいこと」を、まとめて先にお伝えしています。 その後に、...
0
守護霊

守護霊からのヒントは、自分の思考を通して伝えられる。

すべての人に、霊的な観点からの導き役である、守護霊という存在がいて、この世での人生の学びを見守っています。 「守」「護」という、二つの「まもる」文字の印象から、困難を遠ざけて、自分を楽にしてくれる存在のように思えてしまうけれど、 自分の側からみた、守護霊の役割とは、自...
0
守護霊

守護霊に感謝するなら、自分の生き方にあらわしていく。

ときどきセッションの後に、「自分の守護霊に感謝を伝えたいので、○○と伝えてください」と言われることがあります。 おそらく「自分は守護霊の声を聞くことができないから、同様に、守護霊にも自分の声は届かないだろう」という解釈なのでしょうけれど、守護霊と自分は「常に」繋がりをもって...
0
守護霊

守護霊の方が、手に持っているものに込められた意味。

セッションの際に、ご相談者さまの守護霊が「手に何かの道具などを持っている姿であらわれる」ことがあります。 この道具にも、メッセージ性が含まれていることが多いようです。 持っているのは、「守護霊自身に関連する道具」の場合と、「まったく別の何か」の場合と、2つのパ...
0
守護霊

守護霊は、容姿や雰囲気が、なんとなく似ているもの。

すべての人に、守護霊という存在がいて、この世での私たちの学びを霊的な観点から見守り導いています。 守護霊は、血縁の繋がりである先祖霊とは別で、「たましいの繋がり」という関係性になります。よって、先祖霊のように、ナショナリティが揃っているとは限らず、外国人の守護霊ということも...
0
守護霊

私の場合は、守護霊との交信のほうが得意です。

スピリチュアルリーディングのセッションで、霊界からのメッセージ的な要素を伝える場合の、メインとなる対象が「守護霊(指導霊)」になるケースもあれば、「先祖霊」になるケースもあります。 こうした差が出る理由は、いくつかありますが、ご相談者さま側の理由ではなく、霊能者自身のもつ「...
0
守護霊

自分と守護霊は、どこかが似ているものです。

すべての人には、この世での人生を導く役割の、守護霊とよばれる存在がいます。 守護霊とは、たましいの深い繋がりをもつ関係で、広い意味でいえば「守護霊とは、その方自身である」とも言えるような、霊的な「近さ」をもつ存在です。 そうした深い繋がりがあるので、その方と守護霊とは...
0
スピリチュアル全般

自分と、守護霊と、先祖霊との「繋がり」。

守護霊は、「たましい」の繋がりがある存在です。 先祖霊は、この世での「家族や血縁」という繋がりの存在です。 守護霊は、この世で人として生きる学びを、見守っている存在で、 先祖霊は、そのための機会(生まれる場所など)を与えてくれた、先輩のような存在で、 ...
0
守護霊

守護霊と、雰囲気や顔立ちが似ていることがあります。

すべての人には、「たましいの縁が深い、導き役の霊」が存在していて、その総称として守護霊という表現が使われています。 たましいの縁とは、今回の人生をスタートさせる前、生まれる前からの繋がりです。 そうした深い繋がりがあるので、「その人と守護霊との間」には、似ている要素が...
0
前世

前世と守護霊が、同じ人物となるケースはあるのか。

前世とは: 私たち人間は、たましいの存在で、何度も生まれ変わって、さまざまな状況や立場を経験することで学んでいますので、「前世」「過去世」と呼ばれる、以前の生があります。 守護霊とは: 私たちが、この世で、学んでいく際に、私たちを霊的な観点から導く役割の、たましいの親和性の...
0
スポンサーリンク